可愛いけど大人っぽくって、もう一生これでいいかも♡最近気になるスカラップネイル特集*

2020.04.04更新!!
きゅん

シンプル大人アートといえば♡

おしゃれな大人に人気なネイルアートといえば、私の中ではスカラップフレンチ。

上品でおしゃれな女の人って、みんな、年中定番でスカラップフレンチをリピートしているイメージあります。

(そんなことないですか???)

シンプルでモノトーンのお洋服に、スカラップネイルってすっごく似合うんですよね〜〜〜♡

ごてごてしてないのにさりげなくおしゃれで、「こんな人憧れるな♡」って思います。

この記事では、スカラップネイルをするときのポイントやオーダーの仕方・アレンジをご紹介します♩

まず、大前提で!!

スカラップネイルをオーダーするときに、よーく考えないといけないことがあります。

スカラップネイルには、種類があります。それをしっかり把握してお願いしないといけません。

そもそも、スカラップネイルの「スカラップ」というのは、半円が繋がったフリルのような形のことを指しますが...

そのフリル(スカラップ)を

✅ひとつの爪に4つなのか3つなのか。

✅深さはどれくらいのVにするか

が、すっごく重要です。

例えば。

こちらは、一つの爪に4つの半円のスカラップネイル。

こちらは、半円が3つのスカラップネイルです。

また、こちらは「深めカーブ」のスカラップネイル。

こちらは「浅めカーブ」のスカラップネイルです。

深めにするか・浅めにするか。スカラップは何個にするか(3つか4つかそれ以上か)の組み合わせで、スカラップフレンチのデザインは決まってきます♩

また、アレンジで、こんな風にもこもこさせる場合もありますが、これはどちらかというと「もくもくフレンチ」とか「もこもこフレンチ」とかって呼ばれることも多いアートで、ちょっと別ジャンルかなって私は思っています...!

やってみて分かったこと*

実際に私も、ネイルサロンでオーダーしてみました♩

私は、浅めで、スカラップフレンチになる部分(色を塗る部分)が少ない方がよかったので、そう伝えたら、

✅それだとベースはクリアじゃなくて、色を塗って、爪の先の白いところを隠した方がいい。

✅クリアだと、白い部分を隠すにはどうしても深くカーブを作らないといけなくなる。

✅爪の形をとんがらせると、当たり前だけどスカラップフレンチのカーブも深くなるので、爪の形は平ための方がいいかも

✅4つのスカラップにするとVっぽくなるけど、3つのスカラップだと、フラットにできるかも

....なんてことをネイリストさんから教えてもらって、全部大納得でした!

では画像をみてみましょう♩

これからは、私がこのスカラップネイルかわいいな♩と思った写真をピックアップ。

「自分だったらどれにしようかな♩」と思いながらみていただけると嬉しいです*

<1>

パールをならべて♡

<2>

ストーンを追加してキラキラ♩

<3>

TASAKIのバランス風♡

<4>

カラーのスカラップフレンチ&ラメのスカラップフレンチ♡

<5>

浅め・フラットなスカラップフレンチ♡

<6>

これはそんなには浅くないバージョン。

<7>

深めで、3つのスカラップで、ブリオンも付いているおしゃれアート*

<8>

深めのVで、スカラップ多め。(5個!)

<9>

短めの爪で、浅めのスカラップフレンチ。

<10>

鮮やかなカラーもミックスして*

<11>

3つの半円で、すっごく深めのスカラップネイル。まん丸パールがおしゃれ*

スカラップフレンチは奥が深い♡

スカラップネイルは、ちょっとした変化で印象が変わるのが面白いアート。

エレガントな爪先を演出できるので、ブライダルネイルにもおすすめです♡

ぜひやってみてください♡

この記事に関連するキーワード