同じ演出でもお花を変えるとイメージが違う!ダーズンローズは、カラーバージョンも素敵

2020.04.07更新!!
きゅん

ロマンティックな結婚式演出*

結婚式の定番演出「ダーズンローズセレモニー」♡

新郎がゲストから集めたバラを花嫁に渡してプロポーズするという演出で、12本のバラを使うのが定番。(なのでダーズン(ダース=12本)ローズと言います)

12本のバラにはそれぞれ感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠という意味があります*

同じ演出でもお花を変えるとイメージが違う!ダーズンローズは、カラーバージョンも素敵にて紹介している画像
@chiiiii0601

ローズではなく”カラー”で行うのも素敵♡

結婚式の演出として定番のダーズンローズセレモニーですが、バラではなく他のお花を使うこともあるみたい*

たとえば、<ダーズンカラーセレモニー>です♡

長くて細いカラーのお花はスタイリッシュで、エレガントな雰囲気の花嫁さんに似合う花材。バラの代わりに使うなんて、お洒落ですよね*

カラーの花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」。

カラーには、白以外にもグリーン、ピンク、イエロー、紫など色んな色があります*

ちなみに、

ピンクのカラーの花言葉は「情熱」

黄色のカラーの花言葉は「壮大な美」

紫のカラーの花言葉は「夢見る美しさ」です♡

好きなお花でやってみて♡

ダーズンローズセレモニーをローズではなく「カラー」で行うアイデア。バラを持っている男性はロマンティックな印象ですが、カラーを持った男性はきりっと格好良い印象*

「ロマンティックな演出は恥ずかしい…!」という彼も、バラではなくカラーならキザっぽさが抜けて、恥ずかしさも軽減されるかもしれません。

他にもかすみ草や芍薬、スイートピーなど、お気に入りのお花でやってみてください♩

➡ダーズンローズの記事一覧はこちら*

この記事に関連するキーワード