馴染み深いお花。ハナミズキのお花を結婚式に使う、おしゃれなウェディングイメージ集♡

2020.05.15更新!!
きゅん

美しさに、感動したんです。

2020年の春は、外出自粛で桜を全く堪能できずに終わっていきました。

4月の中旬くらい。

「桜、もう全部散っちゃっただろうなぁ。」って少し落ち込みながら家の外に出たら、ハナミズキが咲き誇っていて。

それはそれは美しくて、まるで木に雪が積もったように見えました。

春の優しい青空と、真っ白で雪のようなハナミズキの爽やかさが、塞ぎ込んでいた心に眩しすぎて、感動した光景と感情を、私は一生忘れないと思います。

今まであまり意識したことがなかったのですが、ハナミズキのお花って、形も可愛くて。

(実はこれは、お花じゃなくて、葉っぱだそうなのですが.....!!!)

4枚の、なんだか縦に伸ばしたみたいな花びらのような葉っぱの、先がぴょんっと折り返されたような形がおしゃれに見えて、

「今度はハナミズキをテーマにドレスとかアクセサリーを作りたいな♡」と思いました。

ハナミズキって、日本だと一青窈さんの曲が有名で、だからかなんとなく「失恋」とか「叶わない恋」的なイメージが個人的にはあったのですが、調べてみたところハナミズキにはそんなにマイナスなイメージの花言葉はなくって。

「華やかな恋」「私の思いを受けてください」「永続性」など、素敵な意味の花言葉ばかりでした。

結婚式でも使ってもいいのかも!♡

ハナミズキを結婚式の装花にも使えたら素敵だなぁ...とイメージを探してみたところ、外国の結婚式の写真で何件かハナミズキを使っているのを見つけました*

この記事ではそのイメージを羅列してご紹介します♡

花水木×テーブル装花

普通に、背の低い花瓶に生けて。グリーンと白が鮮やかです*

アレンジメントの一部に♡紫陽花と合わせるのも可愛い♡

葉っぱの部分がお花みたいでエレガント。アクセントの花材にぴったりです。

アネモネのお花と合わせるアレンジメントも♡アネモネのお花と花水木って、ちょっと似ていると思います!

ちょうど同じくらいの時期のお花、ライラックとチューリップと♡

花水木×ブーケ

白いハナミズキをグリーンと合わせてブーケに♡

シャワーのように連なるハナミズキをブーケのメインに。胡蝶蘭の花束のような華やかさです*

前撮りや後撮りでは、1本、こんな感じで枝をそのまま持つのもおしゃれかも。

花水木×その他

こんなイメージも見つけました*

<1>

ハイビスカスみたいに、髪飾りに♡

<2>

これは本物のハナミズキじゃなくってモチーフの小物ですが...。ナプキンリング、素敵です♡

<3>

押し花を招待状の封筒に同封するのも粋な計らい*

<4>

ウェディングアーチにハナミズキ♡ハナミズキいっぱいの通りにいる気分になれそう♩

<5>

ネイキッドケーキにハナミズキをデコレーション。最高に可愛い組み合わせです♡

<6>

レジンで固めてリングピローなどに♡

ハナミズキ、お家にも飾りたい♡

結婚式×ハナミズキのイメージだけじゃなくって、お家の中にハナミズキを飾るイメージもご紹介。

街路樹で、お外で目にすることが多いハナミズキですが、お家の中でも最高の観葉植物になってくれます*

<1>

テーブルの上にどーんと鉢ごと!

こんなお家に住んでみたい...♡

<2>

長い枝ごと花瓶に。白くて、真ん中が濃い色のハナミズキはアネモネみたい。

<3>

広く枝が伸びているものを活けて*

<4>

ハナミズキのこのお花のように見えるのは、お花じゃないのに...可愛すぎます。

<5>

1輪だけでも*

<6>

お花のように見える部分少しでも、グリーンが爽やかで素敵。

<7>

でかでかと飾るのは.....という場所には、少しだけでも*

<8>

まるでお外みたいなキッチン。

<9>

くねる枝が無骨でしぶい感じ。

<10>

お風呂に浮かべて季節を感じるバスタイムを♡

こんなに可愛いなんて知らなかった。

ハナミズキの記憶を思い返してみると、そういえば実家の街路樹として門の所に植えてあったなぁ....。と懐かしくなりました*

今まであまり気にしていなかったけど、こんなに可愛くってエレガントで素敵な植物だったんだ....!と再発見しました。

2020年の春は、桜に触れられず、美しいものロスで悲しかったけれど、ハナミズキの可憐さに気づけたことは私にとって大収穫でした*

この記事に関連するキーワード