難しい設定無し・iPhone11の標準カメラでできる!「ペンライトアート」のやり方*

2020.05.19更新!!
きゅん
95ba48bf bd15 4b05 bdee eb2cffc2daf6

一度はやってみたい”ペンライトアート”*

ペンライトを使って、文字やイラストを空中に書いた写真「ペンライトアート」*

カメラの”長時間露光”という、シャッターを長い時間あけて撮る機能を使って撮れる写真です♡

ウェディングフォトを撮影したり、数人集まって文字をつくってみたり、アイデア次第で色んな面白い写真が撮れるから、昔からみんなが色々工夫して、いろんな作品が作られていますよね*

子供の頃は、手持ち花火をくるくる振り回して写真を撮ったりしたのも思い出深い♡

iPhone11で長時間露光ができるようになった!

ペンライトアートは長時間露光機能がついているカメラではないと撮影できなかったのですが、、、

2019年に発売された、iPhone11・iPhone11Proの「ナイトモード」という機能では、シャッタースピードを調整できる(長時間露光機能が付いている)ようになりました*

つまり、iPhoneの純正カメラでペンライトアートを撮ることができるということ!

新しいiPhoneはカメラの性能がすごいとはよく聞く話ですが、こんな機能も付いているんですね、、、!♡

ペンライトアートの写真の撮り方はこう*

①撮影したいものにピントを合わせる

(場所が明るい場合はピントを合わせてから電気を消す)

②シャッタースピードを選ぶ(最大30秒まで選べます。この秒数の間に映るものが1枚になります!)

③ペンライトで文字やイラストをかいて完成です♡

実際にやってみた動画はこちら*

iPhone11にしたい、、、!

今までは本格的なカメラを使わないとできなかった「長時間露光」の撮影をiPhoneでできるなんてすごいですよね、、、!(私はiPhoneXSを使っているので買い替えたいです!)

iPhone11を使っている方はぜひチャレンジしてみてください♡

この記事に関連するキーワード