おしゃれな紙が簡単に作れる♡紙が”手でちぎった風”になる定規があった、、、!

2020.05.24更新!!
きゅん

紙のまわりをちぎると優しい印象になる*

テーブルナンバーや席札などのペーパーアイテムのまわりを手でちぎるアレンジ(?)って人気ですよね。

紙の繊維がまわりにほわほわっと出てきて温かみがあって、海外風。

海外のウェディングエンボスペーパーやハンドメイドペーパーなどによく取り入れられています*

手作業でちぎるのは大変。

でも、、、!

紙を手でちぎるだけとは言え、一枚一枚手でちぎるのって意外に大変。

びりっと全部破ってしまわないように気を使うし、真っすぐちぎれないことも多々あります。

席札など小さいアイテムをちぎるのは、細かくて神経を使います、、、!

とは言え手でちぎるならではの不規則さは機械では難しそうなので、当然全て手作業なのかと思っていたのですが、実はこんなアイテムがあったんです!

<紙を手でちぎる用>の定規です*

こんなアイテムがあるなんて、知ってましたか、、、!?

真っすぐじゃない定規*

この定規は普通の定規のように真っすぐではなく、端が不規則にギザギザになっているのが特徴。

この定規を使って紙をびりびりっと割くと、自然に手でちぎったように(でも曲がったりせず綺麗に)なります*

一直線に切れるので神経を尖らせることも無し。手でちぎるようにちまちま切らなくていいので、時短にも繋がります。

この定規は海外では結構メジャーな商品なようで、色んなステーショナリーブランドが出していました。

日本で気軽に買えるのは、We R Memory Keepersというアメリカの有名なステーショナリーブランドのもの。アマゾンで3本セット(6パターン)約3,000で販売されていました*

➡商品を購入する*

斬新なアイデア商品♡

紙のまわりを手でちぎるのは、当然ながら一つ一つ手で行われているのかと思っていたのですが、、、

まさかこんな斬新な商品があるなんて、夢にも思わなかったです!

☑招待状

☑席札

☑プロフィールブック

☑席次表

☑テーブルナンバー

など、色んなペーパーアイテムで活用できるので、一つあると重宝しそうです♡

この記事に関連するキーワード