今日からしばらく、お家の一員♡憧れる「ドウダンツツジのある暮らし」*

2020.05.20更新!!
きゅん

「ドウダンツツジのある暮らし」が人気♡

新緑が芽生える春から初夏にかけたこの時期、おしゃれな人は爽やかに、そして大胆に家に枝物を飾っている印象*

鉢に植えられている観葉植物もいいけれど、大きなガラスの花瓶に活けられているグリーンって、透明感があって清々しくて、さらにおしゃれな印象♡

枝物の中でも人気が高いのは「ドウダンツツジ」。実は、インスタグラムではハッシュタグ「#ドウダンツツジのある暮らし」は800件近くも投稿があるんです。

ドウダンツツジがこんなにも人気の植物だったとは、知ってましたか、、?

<ドウダンツツジの時期>

ドウダンツツジは4月頃に若葉が開くとともに、すずらんのような小さな白い花を咲かせます。

夏は瑞々しいグリーンの葉っぱを付け、秋になると紅葉する落葉広葉樹です。

大きさは2m~3mくらい。枝が縦にも横にも大きく広がるので、街中ではまん丸に刈り込んでいるドウダンツツジもよく見かけますよね。

ドウダンツツジの枝が出回るのは5月~8月頃まで。花が咲いた後の葉っぱだけの状態で、1mくらいの切り枝として売られています。

<ドウダンツツジはどのくらい楽しめるの?>

ドウダンツツジは枝を購入してから2週間~1ヶ月半くらい持ちます*

水を入れ過ぎると枝が水に触れる面積が大きくなり、水が汚れやすくなるので少なめにすると長く楽しめます。

ただ、水が少ないとちょっとした拍子に倒れてしまう懸念もあるので、ある程度重みのある花瓶を選ぶのが良さそうです。

花瓶のサイズはドウダンツツジの全長の1/3~1/5(1mだったら20cmくらい)だとバランスよく飾れます*

飾っていくうちに葉っぱがちりちりと枯れてきたら、葉っぱを手でちぎって取ります。生命力が高いので、切り枝でもちぎった場所から新芽が出ることもあります*

葉っぱが少なくなってきたら切り分けたりして、長く楽しみましょう♡

<ドウダンツツジの値段は?>

ドウダンツツジはお花屋さんで500~3,000円くらいで売られているみたい。

50~1mくらいの小ぶりなものは500円前後、1mくらいで枝がたくさんついているものは1,500円くらい。「これは木まるごと、、、?」と思うくらい大きな枝を3,000円くらいで購入したという方もいました*

通販でも購入でき、楽天では80~100cmのドウダンツツジが5本で2,310円で販売されていました*

➡ドウダンツツジを楽天で購入する*

お花屋さんで現物を見て購入するときは、

☑枝が先まで太めで真っすぐなもの

☑葉が張りがあって大きく、色濃いもの

を選ぶのがポイントです♡

<ドウダンツツジの大きさイメージ>

玄関の棚や洗面所、お手洗いなどには小さめ(20cmくらい)のドウダンツツジを。大きな枝を買って、切り分けて家中に飾るのも素敵ですね*

小さめの花瓶に1・2本飾りましょう。

リビングの棚やダイニングテーブルには、中くらい(50cmくらい)のドウダンツツジを飾ると存在感があります*

横に大きく広がる枝を選定して、3~4本くらい飾るイメージ。

大きめ(1m以上)の迫力あるドウダンツツジは床に直接花瓶を置いて、リビングにや玄関に♡

<ドウダンツツジを飾る場所>

ここからは、お洒落な方がどんな風にドウダンツツジを飾っているかご紹介*家のどこに置こうかなとイメージを膨らませましょう♡

キッチンカウンターにドウダンツツジを1本。1本でも存在感がありますね♩

キッチンカウンターに5本くらい。複数本飾ると小さな樹みたいで可愛い♡

リビングの端に1mくらいのドウダンツツジを。飾れるような棚やカウンターが無くても、部屋の隅にならそのまま花瓶を置けそうです*

ダイニングテーブルの中心に!食事の時間が楽しみになります♡

キャビネットの上に1本。

玄関に置いてウェルカムツリーとして♡

ドウダンツツジは横に大きく広がるので、倒すのが心配な方は廊下の端や階段の踊り場など家事導線ではない場所に飾りましょう*

ベッドの横にあるテーブルの上に。目が覚めたらドウダンツツジが見えるなんて、素敵です♡

大きめのどっしりとした花瓶なら倒す心配もありません*

キッチンカウンターの横に。枝がテーブルの上まで伸びているので、椅子に座ってもグリーンが見えます*

壺のような花器に飾ると趣があり、印象が変わりますね。

ドウダンツツジのある暮らしをしたい♡

横にも縦にも大きく広がる「ドウダンツツジ」。背の高いドウダンツツジは空間にメリハリをつけてくれて、奥行きのある広い部屋に見せてくれる効果もあります*

1回買うと1ヶ月くらいもつので、”ドウダンツツジのある暮らし”をぜひ楽しんでください♡

この記事に関連するキーワード