合図があるまで開けないで!ゲストへの手紙を一斉に読んでもらう「レターセレモニー」が素敵♡

2021.03.11公開
きゅん

ゲストに一斉に手紙を読んでもらう演出♡

席札裏のメッセージやウォールレターなど、結婚式では、新郎新婦からゲストに手紙を渡す演出は色々ありますが、、、

手紙を”読む”タイミングは人それぞれ。

多くの場合は貰ってすぐか(席札メッセージは席に着いた順・ウォールレターは受付した順)、「読んだら泣いちゃいそうだから家に帰って読む!」というゲストもいるみたい。

好きなタイミングで読んでもらうのももちろん良いのですが、

”一斉に読んでもらう時間を設ける”というのも素敵だと思いませんか?

「レターセレモニー」や「お手紙セレモニー」と呼ばれ、結婚式の演出の一つとして最近広がりつつあるようです。

印象に残る手紙の時間を*

新郎新婦からの想いを込めたお手紙を、ゲストに一斉に読んで貰う演出は、BGMや空気感をコントロールすることができるので、ゲストに印象に残る時間になるのが魅力的。

ゲスト全員がメッセージに集中してしーんとなり、思わず涙したり微笑んだり、、、。想像しただけでも幸せそうなひとときだと思いませんか?

新郎新婦がいる披露宴の時間にレターセレモニーを行う場合は、手紙を読んだゲストの反応が見られるのも嬉しいポイントです♡

どうやって渡すの?

レターセレモニーを行うときは、事前に手紙を渡しておく必要があります。

☑受付で渡してもらう

☑ゲストテーブルに置いておく

☑ウォールレターでウェルカムスペースに飾っておく

など、読んでもらうシチュエーションの前には手元にあるようにしましょう。

「手紙を貰ったけどいつ読むんだろう?なんて書いてあるか楽しみ!」と手紙を読むまでに気持ちを高めて貰えます♡

お手紙セレモニーの直前にスタッフさんに配ってもらった!という花嫁さんもいました*

スタッフさんに配ってもらう場合は、自前にプランナーさんに確認して、ゲストテーブルごとにまとめて渡しておきましょう♩

*封筒の注意点*

封筒には「合図(案内)があるまで開けないでください!」と書くのを忘れずに*

受付でアナウンスしてもらったり、手紙を渡す場所に書いておくのはもちろんですが、聞こえて無かったり、見て無かったりして先にあけてしまう可能性もあります。

なので封筒の分かりやすい部分にも「合図があるまで開けないで」と書いておくのがおすすめです!

はらりと便箋が落ちてしまわないように、しっかりとシーリングスタンプや封緘シールで留めておきましょう♩

いつ読んでもうの?

レターセレモニーは、

☑挙式の前

☑披露宴の入場前

☑披露宴の途中

☑花嫁の手紙の前

☑新郎新婦が退場した後

などのタイミングで演出するのがおすすめ*

司会者さんから「ここで新郎新婦から皆さまへのメッセージがあります。受付でお渡ししたお手紙をご覧ください」などとアナウンスしてもらいましょう。

BGMは花嫁の手紙に使うような曲や、オルゴールアレンジなどがおすすめ。

個人的には定番ですが、BlueのThe Giftはいつ聞いても感動します♡

➡花嫁の手紙のおすすめBGM

➡オルゴールのBGM

素敵な時間になりますように♡

ゲストへの手紙を一斉に読んでもらう演出「レターセレモニー」。

手紙を読む時間まで演出に変えた、感動するセレモニーです♡

手紙を読む時間を設けるからには、便箋1枚以上の長めの手紙を書いた方が印象に残りそう。手紙で溢れる感謝の気持ちを伝えたい!という花嫁さんは、読んでもらう時間も設けてみてください*

この記事に関連するキーワード