もし、自由に引き出物が選べるならこれが良いです!吉沼硝子の【変形多角形による角柱グラス】

2020.06.03更新!!
きゅん

素敵な素敵な、不思議なグラス。

最近一目惚れしたグラスをご紹介します♡

浅草で、100年以上の歴史をもつガラス工房「吉沼硝子」の変形多角形による角柱グラス.....という、グラスです。

<こちら>

一目見て分かる、薄はりのガラスに、六角形の形。

ぱっと見のデザインももちろん素敵なのですが、「変形多角形による角柱グラス」という商品名も、「うん??」と引っかかる不思議な感じ。

個性的で美しいその姿に、「もし結婚式をして自由に引き出物を選べるなら、絶対にこれをギフトにしたい!」と一瞬で思いました。

そして、もらったら、必ずや一生物♡

この記事では、吉沼硝子の変形多角形による角柱グラスの魅力をご紹介します*

東カレにも載ってた。The Wonder500にも選ばれた*

変形多角形による角柱グラスは、六角形ですが、まずは正六角形ではないのが魅力。

よくご覧ください*

六辺が、それぞれバラバラの長さです。

公式HPでは、

「あらゆるズレが不連続な変化を生み出し、 まるで自然が創りだした結晶のようにも見えます。

私たちの知っている角柱グラスを、少しだけ変形させることによって、見た目だけでなく、触感や飲み心地にも 新しい体験をつくるグラスです。」

と紹介されています♡

確かに。

どの辺に口をつけて飲むかで、飲む量やスピードが毎回変わる体験って、あたりまえの日常がちょっとランダム化して、想像するだけで面白い。

同じ日々の繰り返しにうんざりしそうな生活にドキドキやワクワクや意外性を与えてくれる、サプライズ的な存在のグラスってすごくないですか?

やっぱり、「ゆがみ」や「ずれ」っていうのは生活に潤いをもたらすんだ....!と、改めて感じます。

また、グラスの底には色が溜められていて、飲み物を入れると色が映って、押し上げられるようにふわぁ〜〜〜っと色が浮かんでくるのです。

水と光のシンフォニーのようで、うっとり。色はクリア・ブルー・ピンク・イエローの4種類です*

このグラスは、100年続く吉沼硝子の中でも有名な商品。

過去には東京カレンダーの雑誌に取り上げられたり、お花の雑誌「フローリスト」に花器としても素敵だと紹介されたり。

2015年にはPARIS DESIGN WEEKに出展したり、経産省が世界に紹介する「日本が誇るべき優れた地方産品」としてThe Wonder500に選ばれたり。

理想を追い求める、「ジャパンメイドのロマン」をワールドワイドに知らしめるグラスなのです♡

お値段は?

変形多角形による角柱グラスの価格は、サイズによって3パターン。

大:2,800円(税抜)

中:2,700円(税抜)

小:2,600円(税抜)

です*

贈り物&引き出物にぴったりの価格帯ですよね。

サイズ違いで揃えるのもきっと素敵。

引き出物に・内祝いに・結婚祝いに♡

特別なギフトを選ぶときに思い出して欲しいアイテムです♡

➡️吉沼硝子の公式HPはこちら**

この記事に関連するキーワード