7着ご紹介♡『アントニオリーヴァ』には、WDだけじゃなくてカラードレスもあるって知ってた?

2020.06.13公開
きゅん

人気インポートドレスの筆頭『アントニオリーヴァ』

日本で人気のインポートドレスのひとつ、『ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)』。

海外デザイナーのウェディングドレスを着たいと考える花嫁さんなら、誰しも目にしたことのあるブランドです。

イタリアの建築家であるアントニオリーヴァが手掛ける独創的で立体感のあるデザインは、思わず惚れ惚れしてしまいます。

『アントニオリーヴァ』カラードレスもあるんです♡

「アントニオリーヴァのドレス」と聞くと、純白のウェディングドレスを思い浮かべる方が多いはず。

実際に、ウェディング雑誌で紹介されていたり、花嫁さんの試着レポで投稿されているのも、多くがウェディングドレスです。

でも実は、『アントニオリーヴァ』はカラードレスも何着も展開しているんです!

そもそも、海外はお色直しの文化がないため、カラードレスは多くありません。

そのため、インポートドレス好きの花嫁さんの中には、「着たいデザインのカラードレスが見つからない」とウェディングドレスを2着きる方も少なくないんです。

だからこそ、憧れの『アントニオリーヴァ』がカラードレスを作ってくれるのは、とても嬉しいことですよね。

日本のドレスサロンとコラボした限定カラーも登場しているので、特別感もたっぷり。

ウェディングドレスと同じく、最高級のミカドシルクの光沢感が美しい、『アントニオリーヴァ』のカラードレスたち。

順番にご紹介していきます♡

アントニオリーヴァのカラードレス①

〔SIBILLA(シビラ)〕という、『アントニオリーヴァ』の中でも人気のドレスの、ブルーバージョン。

美しい光沢と立体的なバックスタイルはそのままに、シックな深めのブルーが大人っぽさを演出してくれます♡

ウエストが幅広のリボンで強調されていて、スタイルが良く見えそう!

バックスタイルがとても美しいので、最高の振り返りショットが撮れそうです。

ドレスサロン『アクアグラツィエ』で取り扱いがあります。

アントニオリーヴァのカラードレス②

ブルードレスをもう一デザインご紹介します。

アシンメトリーなオフショルダーが印象的な〔LUKUREZIA〕。

同じブルードレスでも印象が違いますね。

ふっと肩の力を抜いた、それでいて上品なデザインと、とろけるようなスカートの質感が魅力。

リボンを結んだようなデザインが珍しくて素敵。

胸元にポイントがあるので胸のボリュームがなくても着こなせそう。ドレープが二の腕を隠してくれるのも嬉しい◎

こちらはドレスサロン『JUNO』で取り扱いがあります。『JUNO』限定のドレスだそう!

アントニオリーヴァのカラードレス➂

こっくり深いグリーンのカラードレスもありました。

上品なシルクサテンで、先にご紹介したブルードレスよりも光沢感が強めになっています。

『アントニオリーヴァ』らしい立体的なバックスタイルがより際立つ一着。

動くたびにツヤツヤと光るので、会場映えしそうです。

ドレスサロン『アクアグラツィエ』で取り扱いがあります。

アントニオリーヴァのカラードレス④

続いてご紹介するのは、ラベンダーカラーのドレス。

大きく開いたバックスタイルがインポートドレスらしいですね。

斜めになった大きなリボンで、大人可愛さを演出♡

タンクトップのようなデザインが、甘すぎなくてちょうどいい♡

ラベンダードレスというとふんわり可愛らしいイメージがありますが、『アントニオリーヴァ』のラベンダードレスなら大人っぽくおしゃれに着こなせそうです。

『アクアグラツィエ』や『ディスティニーライン』で取り扱いがあります。

アントニオリーヴァのカラードレス⑤

ウエスト部分に大きなリボンが結ばれた、真っ赤なカラードレス。

〔CLEMENTINA(クレメンティ―ナ)〕という人気のウェディングドレスのレッドバージョンです。

シンプルな王道のプリンセスラインに、光沢感のあるシルク、長いトレーン。

高級老舗ホテルなど、気品ある会場に相応しいカラードレスです。

リボンモチーフを使っても、大人っぽく上品に仕上がるのは、やっぱり『アントニオリーヴァ』ならでは。

ドレスサロン『ミーチェ』で取り扱いがあります。

アントニオリーヴァのカラードレス⑥

レッドドレスをもう一着ご紹介します。

たっぷりのドレープが立体的に重なった、存在感抜群のカラードレス。

フロントスタイルは、シンプルなVネックです。

どっちのレッドドレスがお好みですか?♡

ドレスサロン『JUNO』で取り扱いがあります。

アントニオリーヴァのカラードレス⑦

最後にご紹介するのは、優し気なイエローのカラードレス。

レッドドレスの1着目でご紹介した、〔CLEMENTINA(クレメンティ―ナ)〕のイエローバージョンです。

ここまでエレガントなイエロードレスってそうそう出会えないですよね。

合わせるアクセサリーやブーケによって、ナチュラルな会場にも合わせられそうです。

バックスタイルはインポートドレスらしく大きく開いていますが、くるみボタンが並んでいて可憐な印象。

『ディスティニーライン』『アクアグラツィエ』で取り扱いがあります。

『アントニオリーヴァ』のカラードレスを着てみたい!

憧れのインポートドレス『アントニオリーヴァ』。ウェディングドレスも素敵ですが、カラードレスにも負けない魅力がありました。

ウェディングドレスとカラードレス、どちらを選ぶ?それとも両方…?

そんな幸せな悩みを運んでくれそうです♡

この記事に関連するキーワード