招待状にフランス語を使ったらおしゃれになるかも♡定番フレーズの翻訳リスト*

2021.05.01公開
きゅん

招待状、フランス語を使ったらおしゃれ*

結婚式の招待状。

ゲストに一番はじめにお届けするウェディングアイテムなので、おしゃれで可愛い、納得のいくものを用意したいですよね。

そこでおすすめのデザイン案が、英語の代わりにフランス語を使うこと♡

ワンポイントとして、普段は英語でよく使われているフレーズをフランス語にするだけで

なんとなくパリからのお手紙っぽい、小洒落た雰囲気になる気がします♩

そこでこの記事では、招待状に使われている英語のフレーズを、フランス語にしたらどんな言葉になる??という翻訳リストをまとめてみました。

招待状に使えるフランス語のフレーズを調べてみた*

Welocome(ようこそ)

フランス語で=Bienvenue

Just married(結婚しました)

フランス語で=Nouveaux mariés

The Big Day(大切な日)

フランス語で=le Jour J

It's a special day(特別な日)

フランス語で=Le jour special

Save the Date(この日をあけておいてね)

フランス語で=Réservez la date

Request(リクエスト)

フランス語で=Demande

Wedding Reception(結婚披露宴)

フランス語で=Reception de mariage

The Best Day Ever(最高の日)

フランス語で=C'est une belle journée

フランス語を使って招待状を作ってみたい*

あまり馴染みのないフランス語ですが、招待状のワンポイントフレーズとして英語の代わりに使ったら、きっとおしゃれな雰囲気になるはず。

ちなみに、返信はがきの「RSVP」は

Répondez s'il vous plaît(返信お願いします)

という意味のフランス語なので、フランスの言葉を入れること自体は不自然ではないと思います*

フランスが好きな方

フランスに思い出がある方

には特に、参考にしてみてほしいデザインです♡

➡招待状の記事一覧はこちら

この記事に関連するキーワード