紙じゃない素材で、ジャイアントフラワーを作れる!世界が注目する新素材【イソロン】

2020.07.15更新!!
きゅん

イソロンという素材があるらしいのです....

最近教えてもらった、面白そうな話をさせてください!

【イロソン】という素材を使ったアートが、今、ロシアを中心に世界で話題になっているらしいのです。

こちらが、イソロンを使って作られたお花。

「あれ?!少し前に流行った、ジャイアントペーパーフラワーじゃない?あの、紙で作るやつ!最近はお洋服屋さんとかお化粧品屋さんの店舗の装飾にもなってるよね!別に新しくなくない?」

と、思う人もいると思うんです。

でも!

プロが語るには、イソロンで作られるお花とジャイアントペーパーフラワーは、全く違うらしいのです。

そもそもイソロンという素材とは*

イソロンというのは、ポリエチレンの一種。

isolon、izolonと表記されているもので、イゾロンやアイゾロンなどと発音する人もいます。

現在する断熱材としてもっとも優秀な素材で、防音材や防湿剤としても優れています。

なので、元々は建設業(家の壁の断熱材としてなど)や製造業(車の断熱材としてなど)で使われている工業的な商品でした。

それが!

最近はその性質を生かしてアートを作ろうと、このように色とりどりのイソロンが登場。

カラーバリエーションが豊富になったことで、こんな風にお花やアートを作れるようになりました。

イロソンはヒート加工で形が自由に変えられるので、花びらや葉っぱを思い通りに表現することができます♡

(動画の12分あたりをご覧ください!こんな感じでイソロンに熱を加えてヒート加工で処理をしていきます。)

熱にも寒さにも強く、湿度にも強い素材。雨にぬれても大丈夫なので、紙では実現が難しかった「屋外での使用」が可能。

こんな風にテラスに設置したりテーマパークに設置したり。天候に左右されないので「商業的に取り入れやすくなった」というのが、今までのジャイアントフラワーとの大きな大きな違いだとのことです*

(熱にも強いので、ライトを使っても火事にならずに安心♡)

これからの時代は、イソロンで作られたお花の植物園や遊園地ができる可能性もありそう。

ちょっと想像しただけでも、楽しそうでわくわくします♡

ガーデンウェディングの装飾にも取り入れられる日も近いかも*

コスプレの素材としても注目されているらしい....

さらに驚いたのは、イソロンは【コスプレのコスチュームを作る素材】としても注目されているという点。

さらさらっとした質感で、形も自由に変化させられるので、アニメキャラクターのコスチュームを再現するのに適しているんじゃないか!?という話もあるそう。

例えばこちらは、イソロンで作られた羽根。

「なるほど!たしかにコスプレ衣装にいけそう!」と思いますよね。

ハリウッド映画の特殊メイクや特殊衣装にも使われそうです。

イソロンで世界が楽しくなる日も近そう♡

イベント市場やコスチューム市場で注目を浴びている新素材イソロン。きっと、わたしたちの生活をさらにワクワク楽しいものにしてくれるはず♡

これから、どんな発展を遂げるのか楽しみです!♡

この記事に関連するキーワード