これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法

2020.07.24更新!!
きゅん

両親贈呈品、何を選べばよいのか問題。

披露宴の最後、両親にプレゼントする両親贈呈品。

大切なお父さん、お母さんが喜んでくれるものを選びたいですが、正直「何が喜ばれるのか分からない」という方がほとんどではないでしょうか。

私も自分の結婚式の際に、両親贈呈品についてかなり悩みました。

定番といわれているギフトは、どれもあまりピンとこなかったのが理由…。

(結局、それぞれ両親が喜びそうな好きなものをチョイスしてプレゼントしました。)

これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法にて紹介している画像
@mochan_40

母になった今欲しいもの。

そんな私も一児の母になりました。母親目線で今、両親贈呈品に対して思うことは、

「体重米、めちゃくちゃ欲しい!!!!!」

正直、自分が花嫁のときは、体重米は初っ端に候補から外していました。

地方出身なのでお米は知り合いの農家さんからもらえるし、結局食べてなくなってしまうし、飾っておけるものでもないし…。

でも、将来自分の子供の結婚式で渡されたときに、一番涙腺が崩壊するのは「体重米」だなと思います。

体重米とは、新郎新婦が生まれたときと同じ重さのお米をラッピングしたギフトのこと。

結婚式での両親贈呈品として、昔から定番の商品です。

これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法にて紹介している画像
@kh_wedding0224

私の子供はまだ1歳弱ですが、それでも「タイムスリップして、生まれたての腕にすっぽりおさまる我が子を、もう一度抱っこしてみたい」と思います。

今でもそんな気持ちなのだから、数十年後の結婚式で渡されたら、絶対に泣いてしまう自信があります。

「こんなに小さかったんだな」

「立派に成長してくれたな」

「子育て大変だったけれど、報われた」

など、様々な思いが溢れてきそう。

また、子供の成長を実感すると、嬉しい気持ちになると同時に、「もっと可愛がってあげたかった…」という切ない気持ちにもなるのが親というもの。

結婚式では、立派になった我が子を送り出す喜びを噛みしめつつも、一方で完ぺきとは言えなかった自分の子育ての思い出を切なく振り返る親御さんも多いと思います。

体重米は、そんな切ない思いを受け止めてくれる両親贈呈品。

「大好きだよ」

「本当に可愛かった」

「あなたの親になれて幸せだった」

という、子育て時代に戻ったら語りかけたかった言葉を、心の中で呟きながら、体重米を抱くお母様が多いのではないでしょうか。

これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法にて紹介している画像
@kh_wedding0224

我が子を出産したときの喜びと、我が子が結婚した喜び、ダブルの幸福を味わうことができる体重米。

そんなの、泣かずには居られません…!

(この文章を書きながら既に泣きそうです。。)

自分の時は候補から除外してちゃんと調べていなかったので、改めて他の花嫁さんがどんな体重米をプレゼントしているのか調べてみました!

風呂敷で包んだり、俵や桐箱に入れたり、タオルで包んで顔写真を貼ったりなど、ラッピングは様々。

お米を買ってきて、ラッピングを手作りする方もいます。

手作りのアイデアや、商品選びの参考にしてください♩

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米①

お米屋さんにオーダーした、クマさんパッケージの体重米に、自分で用意したモスリンクロスを巻き、レースリボンで結んだ両親贈呈品♡

クロスはおしゃれなママの間で人気のデンマークのブランド『konges slojd 』のものです。

将来、自分達の子供(両親にとっては孫)に使ってほしいという気持ちで選んだのだとか。

ウェディングドレスで抱っこしてもしっくり馴染む、おしゃれな見た目の体重米です♡

こちらのウェイトベアは楽天で販売されています。飾れる小さなクマつきなので、思い出にも残すことができます◎

➡【楽天】クマの体重米はこちらから購入できます

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米②

お米を米袋に入れ、花嫁さんが選んだ生地で包んだ体重米。

ウェディングドレスの花嫁さんが持っても、和服姿のお母様が持っても似合うテキスタイルを選んだそう。

体重米を自分でラッピングする場合は、どんな布地で包むかにこだわりたいですね♡

スカーフとしてや、マルチクロスとして使ってもらうことを想定して選びたい♡

これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法にて紹介している画像
@mmeg_1020wd

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米➂

日本三大タオルのひとつ、おぼろタオルの「百年の極」をお米に巻いてリボンで結んだ体重米。

ふたりの赤ちゃんの頃の顔写真を印刷して、ラミネートしています。

見た目は完全にタオルにくるんだ赤ちゃん♡抱っこしたら、生まれたころの感情が蘇りそうです。

リボンを結んだカードの中には、手書きのメッセージと、名前、生年月日、生まれてからの日数、出生体重を書いたそうです。

➡【楽天】おぼろタオル「百年の極」はこちらから購入できます

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米④

シンプルな見た目の体重米。

米袋を買って自分でお米を測り入れ、色違いのバスタオルで巻き、リボンで結んでいます。

顔写真をつけるアイデアは新郎さんが反対したので、大人っぽいシンプルなラッピングにしたそう。

クラフトのコピー用紙に、体重、誕生日、名前を印刷しています。

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米⑤

米俵に入れた体重米を贈った新郎新婦さんも。和の伝統的な雰囲気で、結婚式にぴったりです。

小出農場というお米屋さんでオーダーしたそう。

米俵は手作りのワラ細工で、お米を取り出しても俵の形が崩れません。また米俵に丸い蓋が付いていて、簡単にお米を取り出せるそう。

俵の上には、藁で作られた縁起物の鶴が。お米を食べ終わった後も、俵を飾っておく家庭もいるのだとか。

高級感のある体重米を贈りたい方におすすめです。

➡【楽天】小出農場の体重米はこちらから購入できます]

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米⑥

千葉県香取郡の「ぜん兵衛。」というお米の商社が扱う体重米。

和柄の風呂敷で包んだ体重米。帯紐のような和タッセルがおしゃれです。

体重米には、お名前、お誕生になられた日にち、身長、体重が記してあるそう。極めてシンプルなデザインで、上品な印象の体重米です。

➡ぜん兵衛。「musubi」はこちらから購入できます

手作りもできる人気の両親贈呈品!おしゃれな体重米⑦

ふわふわの、今治タオルでくるんだ体重米。サテンリボンで結んでいて、エレガントな雰囲気♡

赤ちゃん時代の写真や体重を印刷したカードは、ショップがつけてくれたそう。

お米のギフトショップ「福八」でオーダーできます。

➡【楽天】福八の体重米の詳細はこちら

体重米で両親への感謝を伝えよう。

結婚披露宴で両親にプレゼントする、両親贈呈品。

定番商品である体重米ですが、自分が母親になってみて、はじめてその魅力に気づきました。

「体重米って、お母さん喜ぶのかな…?」と思っている花嫁さん、安心してください!きっと感動して、愛おしそうに抱っこしてくれるはずです。

これ娘から貰ったら泣く。母になって分かった【体重米】の魅力とおしゃれなラッピング方法にて紹介している画像
@t.t.t.t.t.1088

この記事に関連するキーワード