ぶらんとした赤いお花♡大人な装花にしたいなら知っておくべき〔アマランサス〕*

2020.08.05更新!!
きゅん
95ba48bf bd15 4b05 bdee eb2cffc2daf6

アマランサスって知ってる?

見たことあるけど、名前は知らない。そんなお花って多いですよね。

今回ご紹介する〔アマランサス〕もそんなお花のひとつ。

ウェディングブーケや会場装花の写真をたくさん見ている方なら、赤くて長い、変わった形のお花を見かけたことがあるのではないでしょうか。

これが〔アマランサス〕。

ぶらんと垂れ下がったようにお花を咲かせるアマランサスは、大人っぽい表情のブーケや装花にぴったり。

シルエットに個性が出ますよね。

こちらのアマランサスの色は、落ち着いたワインレッド。

ワイルドなグリーンのブーケに合わせると、シックさや大人っぽさを演出してくれます。

穀物として栽培されていた植物*

ユニークなお花を咲かせるアマランサスですが、観葉植物としてではなく、主に穀物として栽培されてきました。

古代南米のインカ帝国では、トウモロコシや豆に匹敵する重要な穀類だったそうです。

日本には江戸時代に伝来したのですが、鑑賞用として伝わってきたので、アマランサスを食べる文化は育たなかったんですね。

ただ、ミネラル、たんぱく質を豊富に含むため、現在はスーパーフードとして流通しています♡

アマランサスの花言葉は?

ウェディングブーケに入れる花材は、花言葉が気になるところ。

アマランサスの花言葉は、「粘り強い精神」「不老不死」。

夏の終わりを迎えると、アマランサスは葉っぱを黄や赤に色づかせます。その色がなかなか枯れないことが花言葉の由来だそう。

もともと、アマランサスという名前自体も、ギリシャ語の Αμάρανθος(アマラントス)「しおれることがない」が語源です。

粘り強い精神も、しおれることがない愛も、結婚生活に必要不可欠なもの。

ブーケや装花にふさわしい花言葉ではないでしょうか。

ホワイトのアマランサスもあります

アマランサスはワインレッド色のものがよく使われていますが、ホワイトもあります。

ホワイトのアマランサスは、ナチュラルなブーケに個性をさりげなくプラスしてくれる花材。

ホワイトやグリーンの王道ブーケをオーダー予定だけれど、何かアクセントを入れたい…

そう思うなら、ホワイトのアマランサスを追加してもらってください♡

ホワイトのアマランサスは、トレンドのラスティックウェディングとの相性も◎

パンパスグラスやフェザーグラス、パームフラワーなどと合わせたら、一気にラスティックな雰囲気に。

ユニークなシルエットの花材を集めると、おしゃれ度がぐんと上がりますね。

ドライフラワーにしても◎

アマランサスのお花は、ドライフラワーブーケにもよく使われます。

ドライにすると、ぶらんと垂れ下がったシルエットではなく、まっすぐピンと立つようなシルエットに。

オールドライのシックなブーケに、しなやかさをプラスしています。

アマランサス×大輪のお花の組み合わせが素敵。

メインの花材にはなりにくいアマランサスですが、たくさん垂らすことによって存在感を発揮。

こちらは、大輪のユリとアマランサスだけを使ったブーケ。

一度見たら忘れられない力強さがありますね。

白無垢や色打掛にも合いそうです。

アマランサスを指名したい♡

大人っぽくてユニークなお花、アマランサス。

ブーケや装花をワンランクおしゃれにしたいなら、知っておいて損はないお花です。

使いたい花材として、忘れないようにメモしておいてください♡

ぶらんとした赤いお花♡大人な装花にしたいなら知っておくべき〔アマランサス〕*にて紹介している画像

この記事に関連するキーワード