0の空間に1を作る!洗濯機につけられる【バスタオルハンガー】は買ったほうが毎日便利に暮らせそう

2020.09.19更新!!
きゅん

お風呂後のバスタオルって、どうしてる?

お風呂上がりに使った濡れたバスタオルって、いつもどうしていますか?

・そのまま洗濯かごに入れたり

・洗濯機にポイっとしたり

・タオルハンガーやタオルラックに干したり

・室内の物干し竿にかけたり

などが多いと思うのですが、

「もう少し便利に、臭いとかも気にすることなく、すっきり快適にバスタオルを置いておけたらいいのにな......」

「洗面所は狭いけど、狭いなりにもう少しうまく工夫できたらQOLもあがりそうなんだけどな......」

と思うことはありませんか?

0の空間に1を作る!洗濯機につけられる【バスタオルハンガー】は買ったほうが毎日便利に暮らせそうにて紹介している画像
@haruno45

おすすめのアイテムがあります*

そこで、日々の小さなストレスの原因にもなりかねない、バスタオルを干しておくのにおすすめのアイテムがあります。

それがこちら。

「マグネット伸縮洗濯機バスタオルハンガー」です*

販売しているのは、インテリアの実用性がsnsでもよく話題になっている山崎実業。

(towerというシリーズのいち商品です。)

0の空間に1を作る発想がすごい

山崎実業のこのバスタオルハンガーは、縦型の洗濯機の両サイドにマグネットをぺたっと貼り付けるだけで、

洗濯機のすぐ前の空間に、バスタオルを干せる空間を作れる優れもの。

ハンガー部分は3本なので、邪魔にならない幅なのもうれしいですよね。

(飛び出ている部分は、だいたい13~14cmくらい!)

何にもなかったところに突然のスペースが生まれて、「これが0から1を作る発想術か!」と思いました*

伸縮するので、どんな洗濯機にも対応

このハンガー部分は、横幅も伸縮します。

39cmから最大68cmまで自由に調節できるので、一人暮らし用からファミリー用の洗濯機まで、どんな大きさの洗濯機にも対応しています*

使わないときは、マグネットのところをカクっと折り曲げると、洗濯機の前面に沿うようにしまえるので邪魔にならないのもポイント。

これはもう買うしかないかも...!

濡れたバスタオルの置き所に困っていた人、場所がないから洗濯かごにぽいっと入れて臭いに悩んでいた人たちにとっては、

このマグネット伸縮洗濯機バスタオルハンガーは毎日の生活を今よりも送りやすくする便利なアイテムになるはず。

わたしもこの記事を書きながら、自分の家の洗面所と洗濯機を頭に浮かべて、(うん、ちょうど良さそう!)と思いました♩

これは、買っておいたほうが幸せになれそうな家具です。

➡楽天で商品を見てみる*

この記事に関連するキーワード