昔は可愛くないと思ってたけど....。なぜか今はおしゃれに見えるお花⑥種類*

2021.04.19公開
きゅん

なんでだろう.....!

お花の趣味やセンスって、年齢によってなのか時代によってなのか「可愛い」と思うものが移り変わる気がするから不思議。

「コジコジはずっとコジコジだよ」という名言がありますが、

チューリップはずっと昔からチューリップなのに、昔よりも今の方が流行っているからか可愛く見える気がするし。

私は、昔はお花といえば赤いバラ!ガーベラ!というイメージでしたが、最近はなんだか違う種類のものが可愛く見えたり。

同じものなのに、なぜか可愛く見えたり微妙に見えちゃったりすることって、どうですか...?

ないですか....???

この記事では、私が主観的に「昔はなんかこのお花って可愛いのかな....って思っていたけど、最近は可愛く見えるお花」をリストアップしてみました。

「おんなじ風に最近感じてた!」という方、いらっしゃったら仲良くしてください*

①カラー

昔は、「花びらもないし、お花っぽく全然ないし、長ネギみたいだし良さが一切理解できない」と思っていたカラーのお花。

今なら、可憐でスタイリッシュで、とっても美しくて可愛いので、魅力的だなって思います。

これが可愛いなって思うのって、「時代」なのでしょうか....?

もともとこんなにおしゃれだったけど、気づかなかっただけなのでしょうか....?

こんな風に短めのカラーのブーケは、韓国風で最高に可愛いしピュアな雰囲気*

②カサブランカ

ユリのお花。

昔はなんとなくホテルのロビーとかのお花!和風のお花!というイメージがありましたが、最近はこの大きなお花が優美でエレガントで愛らしく見えます。

他のお花と組み合わせたりしなくても、カサブランカだけをちょっと飾るだけで素敵だから、すごいです。

カサブランカだけのブーケもきっと素敵。

③デンファレ

こちらが、デンファレのお花。

昔は南国のお花・ハワイのレイのお花・または、焼肉屋さんでお皿に乗ってるお花.....というイメージでしたが、最近はこの尖った形のお花が女性らしくて魅力的に見えます。

特に好きなのは、白いデンファレ。

ピュアで、たくさん束ねると豪華で、南国感は全然感じなくないですか...?

複数本束にするとボリュームがあっておしゃれ。

こんな風に高砂に飾ってみたいです*

④アンスリウム

こちらも、昔は「リゾート感強すぎで、お花っぽくもないし、ある意味あるのかな....?」と、恥ずかしながら価値がわからなかったお花なのですが、今は可愛く見えるし、なんだか流行ってる....???

(実際、流行ってますよね...?)

こんな風にアンスリウムを飛び出させて目立たせる使い方とか。

そもそも、ピンクのバラとアンスリウムだけの組み合わせとか。(斬新!!)

こんな風に1本だけをラッピングしたりとか。

昔だったら考えられない、アンスリウムの使い方じゃないですか...?

こんなユニコーンカラーのアンスリウムまで登場していて、なんとなく世の中的に「アンスリウムブーム」を感じます。

⑤胡蝶蘭

胡蝶蘭も、昔はお祝いのお花!ちょっと堅苦しいお花!というイメージが強かったのですが....

最近はもっと瑞々しくて愛らしくて、形もユニークで可愛い♡と感じます...

(同じように思う人、多いはずと思っているのですがいかがですか?!)

私は、可愛いと思って胡蝶蘭のドレスまで作ってしまいました.,,,!

昔は可愛くないと思ってたけど....。なぜか今はおしゃれに見えるお花⑥種類*にて紹介している画像

白い胡蝶蘭も可愛いし、パープルっぽいのも可愛いし。

今までの胡蝶蘭のイメージ通りの派手でおめでたい雰囲気のアレンジじゃなくて、少女っぽく軽やかなアレンジをするのが素敵ですよね。

⑥ケイトウ

鶏の頭の見た目と似ているから....という理由でこんな名前がついている、ケイトウ。

今までは、脳みそみたいこれに関しては、今までよりも明らかに可愛く見えます。

例えば、こういうスタイリングとか....!

こんな風にアクセントにしたりとか。

こんな風に、ケイトウだけ持つのも、スタイリッシュな気がします....!

なぜ今まであんまりに見えていたのか....

時代がアップデートされたのか。

それともたまたま自分が今気づいただけなのか。

なぜか、「昔よりも可愛く見えるお花」ってあります。

そもそも自分の知識不足が原因かな...?とも思うのですが、きっと同じような方も多いはず!と期待を込めて。

これからも、いろんなお花の魅力を知っていけたら幸せです♡

この記事に関連するキーワード