どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!のトップ画像

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!

2020.10.06更新!!
きゅん

結婚式の席次はどうする??

結婚式を行うからには「結婚式でクラスターが発生した!」という事態になってしまうことだけは避けたいですよね。

色々を気を付ける点は言われていますが、特に気を付けたいのは披露宴の席次。

マスクを外して料理を食べたり話したりする場所なので、席の間隔をあけたりレイアウトを工夫したりして、出来る限り配慮したいですよね。

”パーテーションを付ける”という案もあるのですが…

いくら透明とは言えパーテーションがあると圧迫感があるし、隣の人の声も聞きにくいし、写真にも大きく残るので、席を離す方法を選んでいる花嫁さんが多い印象です。

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像
@hit_me1212

この記事では、感染症対策に配慮した色んな席次をご紹介*

結婚式場の大きさやテーブルの形などによって、一概に「これがいい!」というものでもないのですが、

一例として、こんなレイアウトもあるんだ!という参考にしてもらえればと思います*

感染症対策の席の配置・レイアウト①

披露宴のゲストテーブルで一番オーソドックスな「丸テーブル」を使う場合は、テーブルの人数を減らして間隔をあけてもらいましょう。

”ソーシャルディスタンスを保つ”という意味では2m離れているのが理想ですが、なかなか難しいとは思うので、テーブルに座れる最大人数の5~7割くらいに調整するのがよさそう。

思っていたよりもテーブルが多くなるはずなので、この点に注意です。

✅テーブル同士の間隔が近くなり会場が狭く感じる

(会場を広くする必要があるかも)

✅テーブルが増える分、テーブル装花も増やさなければならない

✅席が遠すぎると話が聞こえなくて、結局大声で話してしまう可能性がある

(席を遠くする場合はBGMを小さめに流してもらった方がいいかも?)

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

感染症対策の席の配置・レイアウト②

晩餐会テーブルを使う場合は、

✅隣の席を一席あける

✅互い違いになるように座る

ように調整しましょう。

もし選べるのであれば、テーブルの幅が広いものにするとよさそうです。

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

飛沫防止のために、真ん中に背の高い花器を置くのもいいかもしれません。

感染症対策の席の配置・レイアウト③

取り入れている結婚式場は少ないと思うのですが、”半円テーブルを”使うのもいいかも。対面になる人がいないのがメリットです*

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

感染症対策の席の配置・レイアウト④

長方形のテーブルをジグザグに並べて、片側ずつ(?)に座るアイデア。全員が向かい合うことなく、一方向を向いて食事ができるレイアウトです*

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

(この写真は両側に座るようになっていますが、こんなイメージ。)

感染症対策の席の配置・レイアウト⑤

テーブルをL字に並べるアイデア。こちらも一定方向を向いて食事ができます。

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

感染症対策の席の配置・レイアウト⑥

テーブルと大きな会場がある場合は!こんな大きな子の字のレイアウトはいかがでしょうか。

新郎新婦のメインテーブルは別で用意してもいいし、真ん中に座るのもアットホーム感があってよさそう*

参加者全員が顔を見ることができるレイアウトです♡

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

思い切って真ん中をダンスフロアにする…!というのも海外っぽくてすごい。

感染症対策の席の配置・レイアウト⑦

「テーブルの間隔をあけるために広い会場にしたら、がらんとした雰囲気になってしまった…」ということもありえるかも。

そんなときは、真ん中をバージンロードのようにあけておくのはいかがでしょうか?

どうするとゆったり?コロナ対策で「ゲストの席の配置」はこんな風にもアレンジもできる!にて紹介している画像

韓国では会場の真ん中に道を作って、入場・退場のときに通るのが定番のレイアウトです*

色んなレイアウトがある*

感染症対策に配慮したレイアウトをご紹介しました*

個人的には人数が多いなら、会場を贅沢に使ってジグザグのレイアウトにしてみたいです!

ゲストが20~30人くらいなら、コの字が全員が全員の顔を見ることができるのでいいなぁと思いました♩

感染症対策に配慮しつつも、ゲストも新郎新婦も過ごしやすく満足のいく空間になるように工夫してみてください♡

➡コロナ対策の記事一覧*

この記事に関連するキーワード