丸をつけるんじゃなくて!返信ハガキの出欠確認は、レ点をつけてもらうチェックタイプもおしゃれかも

2020.10.12更新!!
きゅん

チェック方式の返信ハガキが増えてる♩

招待状の返信ハガキは、大きめの文字で「ご出席・ご欠席」という項目があって、どちらかに丸印をつけて返事をするのが一般的。

だったのですが、最近の返信ハガキを見ていたら

「英語のチェック方式で出欠確認をする」タイプが増えていることに気づいてびっくりしました...!

こんなデザインです*

一番上にPLEASE CHECKと書いてあって、

☐WILL ATTEND(ご出席)

☐WILL NOT ATTEND(ご欠席)

という二択の選択肢が並んでいるので、ゲストはどちらかにレ点をつけて回答します。

普通の返信ハガキとは違って、なんだか外国風でおしゃれ♩

海外では、チェック方式が定番*

チェックをつけるタイプの返信ハガキは、日本だと珍しいですが、外国ではこっちのほうが定番のデザイン。

「rsvp card」などの単語で調べると、チェック方式の返信ハガキがたくさん出てきます♩

丸印をつけるのは、日本の文化だったんだなぁと思いました。

will attend/will not attend 以外の言葉を紹介*

日本の花嫁さんでチェック方式の返信ハガキを採用している人は、

先ほども紹介した

☐WILL ATTEND(ご出席)

☐WILL NOT ATTEND(ご欠席)

の英語を使っている人がほとんどでした*

たしかに、一番わかりやすい言葉ですよね。

でも、海外の返信ハガキではもっと違う言い方のパターンをたくさん発見♩

ご紹介します。

<①>

☐JOYFULLY ACCEPTS(喜んで参加します)

☐REGRETFULLY DECLINES(残念ですが欠席します)

<②>

☐ACCEPTS WITH PLEASURE(喜んで参加します)

☐DECLINE WITH REGRET(残念ですが欠席します)

<③>

☐HAPPILY ACCEPTS(喜んで参加します)

☐REGRETFULLY DECLINES(残念ですが欠席します)

<④>

☐CAN'T WAIT(すごく楽しみです)

☐CAN'T MAKE IT(都合がつかずに欠席します)

<⑤>

☐CAN'T WAIT(すごく楽しみです)

☐TOASTING FROM AFAR(遠くからお祝いします)

<⑥>

☐YES

☐NO

<⑦>

☐Wouldn't Miss For The World(何があっても絶対に行きます)

☐Be There In Spirit(心で一緒にお祝いします)

欠席の場合の表現も、ポジティブで可愛くって癒されます。

チェック方式の返信ハガキも良いかも♩

海外のRSVP CARD(返信ハガキ)では一般的な、チェック方式の出欠確認。

レ点を入れる項目は、四角以外にも丸やダイヤ、ハートにしてアレンジするのも可愛いなって思いました♡

返信ハガキのデザイン案にしてみてください♩

この記事に関連するキーワード