大人の女性として知っておきたい。宝石の「貴石」と「半貴石」の違いをお勉強*

2020.10.19更新!!
きゅん

知っておきたい宝石用語*

婚約指輪や結婚指輪について調べるときによく見聞きする、「貴石」と「半貴石」という言葉。

このふたつの宝石用語の意味や違いって、みなさんご存じですか?

大人の女性として知っておきたい。宝石の「貴石」と「半貴石」の違いをお勉強*にて紹介している画像
@nagisa_marry

「貴石=指輪にのっている宝石」のことを指しているのはなんとなくわかるけれど、

じゃあその具体的な種類や、半貴石とは何が違うのか?と聞かれたらちょっと分からないですよね...!

調べてみたので、ご紹介します。

一般的な定義は*

まず大前提として、貴石も半貴石も、本物の&天然の宝石のこと。

(半がつくからといって、半貴石が偽物の宝石というわけではありません。)

その中で貴石(きせき)というのは、多くの場合、「世界の四大宝石」のことを指していることがほとんどです。

世界の四大宝石とは、

✅ダイヤモンド

✅ルビー

✅サファイア

✅エメラルド

の4つ!

希少価値の高い代表的なこの4つの宝石が、貴石とされています。

そしてそれ以外の、アメジストやアクアマリンなどその他たくさんの宝石が、半貴石という考え方。

ただ!国や地域、宝石商によって考え方が違う

いま説明した貴石と半貴石の違いは世界的な、一般的な定義なのですが、

国や地域、宝石商、専門家によってその考え方・捉え方が違うのもまた事実。

なので、しっかりとした明確な区別がないというのが、現状だそうです。

じゃあ他には、どんな考え方があるのか気になりますよね。

四大宝石以外の、貴石・半貴石の定義で有名なのは、この2つ*

<①>宝石の硬さを基準とした分類方法

まずは、宝石の硬さ(モース硬度)が7.0以上の硬い宝石を貴石、それ以下の宝石を半貴石とする考え方。

宝石は、硬ければ硬いほど耐久性が強く、割れにくい良い宝石とされています。

(ちなみにダイヤモンドは、一番硬い、モース硬度が最大値の10。サファイアやルビーも、硬度9と高い数値です。)

この基準で考えた場合、貴石に当てはまる宝石は

✅ダイヤモンド

✅ルビー

✅サファイア

✅エメラルド

✅アレキサンドライト

✅トパーズ

✅ジルコン

✅アクアマリン

✅キャッツアイ

✅トルマリン

✅ガーネット

✅ペリドット

です!(一気に増えた気がします*)

<②>美しさを基準とした分類方法

次に、見た目の美しさを基準とした考え方もあります。

私たちからしたら宝石は全部綺麗でしょ!と思ってしまうものですが、専門家的な観点でいくと、やはりその美しさは違ってくるものらしく。

色や輝きがずば抜けて良いとされている、こちらの宝石を貴石とすることもあります*

✅ダイヤモンド

✅ルビー

✅サファイア

✅エメラルド

✅ヒスイ

✅オパール

✅アレキサンドライ

これは、特に東洋で多い考え方だそうです*

なんとなく、わかった気がする*

貴石と半貴石の違いをご紹介しましたが、そのふたつは明確に分類されているものではなく、大きく分けて3つほどの定義が存在していることが分かりました。

(いろんな見解があるんですね....!)

それから、貴石のほうが、半貴石よりも宝石業界では価値が高いと考えられていますが、

決して半貴石が劣っている宝石というわけではなく、宝石を分類するうえでのひとつの目安なんだな、とも思いました。

どの考え方を選ぶかは人それぞれですが、

私個人としては、専門家ではないので、貴石・半貴石の分類にかかわらず自分が美しいな!いいな!と思う宝石を選べたらいいな、と思いました♩

この記事に関連するキーワード