バラじゃない!クリスマスの頃から咲くお花「クリスマスローズ」って知ってる?

2020.11.09公開
きゅん

クリスマスローズって知ってる?

冬になるとお花屋さんに出回るお花「クリスマスローズ」って聞いたことありますか?

名前から「クリスマスの頃に咲くバラなのかな~」と思われがちですが、バラ科バラ属ではなく”キンポウゲ科”クリスマスローズ属に分類されます。

またの名を「ヘレボレス」日本語では「寒芍薬」と呼ばれます。

クリスマスローズはクリスマス頃の12月末から3月頃まで花を咲かせます。

色は白、黄色、ピンク、紫など多岐に渡り、半八重咲き(セミダブル)や八重咲き(ダブル)など花びらが多い華やかな品種もあります♡

顔が下向きに咲く性質で、おしとやか♡

実は、花に見える部分は花ではない…!

クリスマスローズの花びらは、しっかりと分厚そうに見えますが…

実は花びらではなくて、花のような形をした「萼片(がくへん)」です。(本来の花びらは真ん中に「蜜腺」として残っています。)

そのため、お花の中でも比較的長持ちする傾向にあります*

こんなお花です♡

一番出回っているクリスマスローズはこれ♡

✅白い大きめのガク

✅ガク(花びら)の数は6枚くらい

✅真ん中は黄色

クリスマスローズが属するキンポウゲ科はアネモネやラナンキュラスと同じ。見た目は、アネモネと似ていますよね*

八重咲の薄いグリーンのクリスマスローズ*

薄いグリーンのクリスマスローズをブーケに♡

紫のクリスマスローズもあります♡

薄紫のアネモネとクリスマスローズ。

赤紫のクリスマスローズ。

ピンクの斑点。

真っ白とうすピンク*

造花も可愛い♡

クリスマスローズは造花・アーティフィシャルフラワーが可愛いのも魅力的。ザ・造花感がなくて、なんとなく韓国っぽい雰囲気があります*

前に「可愛いと思ったお花をたくさん買ってブーケを作ってみる」という遊びをしてみたときに、特にお花の品種は気にせずに色んなお花を50本くらい買ってみたところ…

家に帰ってちゃんと品種を見たら、クリスマスローズが3つも入っていました!

造花屋さんには何百もの種類のお花があったのに、クリスマスローズはどれも「可愛いな♡」と思ってたくさんお持ち帰りしていました♩

バラじゃない!クリスマスの頃から咲くお花「クリスマスローズ」って知ってる?にて紹介している画像

冬婚にはクリスマスローズを♡

名前も見た目も可愛いお花「クリスマスローズ」♡

お花にしては珍しく、冬に咲く寒さに強いお花です。

冬婚・クリスマス婚なら「クリスマスローズ」をブーケやテーブル装花にリクエストしてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するキーワード