定番じゃないのにも憧れる♡白いバラでのプロポーズも素敵じゃない?

2020.11.05更新!!
きゅん

プロポーズといえば赤いバラの花束♡

プロポーズの際に男性が女性に婚約指輪と共に贈るものといえば、赤いバラの花束。

両手いっぱいのバラの花束をプレゼントされてみたい!と憧れる女性は多いですよね。

かつてのヨーロッパでは、男性が12本のバラを摘んで彼女にプレゼントしてプロポーズしたそう。その風習が由来となっているようです。

「#プロポーズ」や「#婚約しました」のタグでSNSを検索すると、赤いバラの花束の投稿がたくさん出てきます。

これは、赤いバラの花束が世界共通で「愛・愛情・情熱」であることが理由と考えられています。

人生で最大の愛の告白であるプロポーズに相応しいカラーということですね。

定番じゃないのにも憧れる♡白いバラでのプロポーズも素敵じゃない?にて紹介している画像
@k.ii_wedding

ホワイトローズの花束でのプロポーズも素敵♡

でも!!

先日、真っ赤なバラではなく「真っ白なバラ」でプロポーズされている方を発見しました♡

そういえば見たことなかった、ホワイトローズでのプロポーズ。

珍しくておしゃれで。ホワイトローズの花束も素敵だな…!と思いました♡

赤いバラのブーケは友人の婚約報告写真や結婚式のサプライズで見かけているからこそ、白いバラをたくさん束ねたブーケは新鮮に映ります。

海外では本数の多いホワイトローズブーケをもらっている方もいましたが、日本では少なそう♡

わざわざ定番じゃないものを考えて用意してくれたという特別感もありますよね!

ホワイトローズの花言葉は?

気になるのはホワイトローズの花言葉。

ホワイトローズの花言葉は、

☑純潔

☑私はあなたに相応しい

☑深い尊敬

☑相思相愛

情熱的な赤いバラの花言葉に比べて、落ち着いた深い絆を感じさせる内容です♡

もともと、ホワイトローズはウェディングブーケや結婚式の装飾でも定番。

ウェディングシーンに相応しいお花なので、プロポーズで白いバラってありなの?と思っている方も安心ですね。

白薔薇も本数によって意味が違う!

赤いバラの花束と同じく、白いバラも本数によって意味が変わります。

内容は赤いバラと一緒です♡

◆◆プロポーズにおすすめの白いバラの本数◆◆

☑99本:「永遠の愛」「長年の想い」「ずっと一緒にいてください」

100本:「100%の愛」

101本:「これ以上ないほど愛しています」

108本:「結婚して下さい」

144本:「何度生まれ変わっても好きです」

365本:「あなたが毎日恋しい」

100本以上のホワイトローズブーケは圧巻!こんなブーケ、見たことありません。

実際にプロポーズで渡されたら感動しちゃいますね。

フラワーボックスもおしゃれ!

最近はおしゃれなフラワーボックスをプロポーズでプレゼントするのも人気です。

赤ではなく白のバラを詰め込んだフラワーボックスは、洗練されたおしゃれな見た目♡

純白のフラワーボックスは結婚式を思わせますね。

プロポーズのバラは、ホワイトもいいかも♡

プロポーズでは定番の、バラの花束。

真っ赤な薔薇が一般的ですが、あえて白い薔薇で愛を誓ってみてはいかがでしょうか♡

より記憶に残るプロポーズになりそうです。

この記事に関連するキーワード