SARASAの高級バージョン♡サラサグランドの限定色【ビンテージカラー】が気になる*

2020.11.10更新!!
きゅん

ヴィンテージカラーのボールペン♡

「サラサグランド」というボールペンのシリーズから、ヴィンテージカラーの限定インクが出ます♡

日本で一番売れているボールペンのブランド【SARASA】から、

真っ黒じゃなくて。真っ赤じゃなくて。

ヴィンテージカラーのインクって、万年筆で書いたみたいな風合いがおしゃれ♡

今回11月30日から限定で販売されるのは、「グリーングレー」、「バーミリオンオレンジ」、「ロイヤルバイオレット」の3色だそう♡

SARASAの高級バージョン♡サラサグランドの限定色【ビンテージカラー】が気になる*にて紹介している画像

日本一売れてるボールペンブランド*

実は、サラサ(SARASA)はジェルボールペンで8年連続売上ナンバーワンのブランド。

「そういえば昔、学生の時にお気に入りで使っていた.....!」と、私も思い出しました。

なんと今までで累計5億本も売れているそうです。

このボールペン。

見覚えありますよね???

サラサグランドというのは、この定番のサラサの上位版。1本1200円で、プラスチックではなく金属のボディで、万年筆のようなビンテージカラーのインクが大人の女性に人気♡

今までも、こんな色味が販売されてきたそう。

SARASAの高級バージョン♡サラサグランドの限定色【ビンテージカラー】が気になる*にて紹介している画像
SARASAの高級バージョン♡サラサグランドの限定色【ビンテージカラー】が気になる*にて紹介している画像

カラーボールペンといえば*

私はこのビンテージカラーのボールペンを、受付のペンとして置いておいてもらえたらすごく嬉しい....と思いました。

【なぜなら】

白い紙に黒いボールペンで文字を書くと、自分の字が下手に見える気がして....。

真っ白と真っ黒のコントラストが強くて、ボールペンの文字が目立って、字が汚いのが引き立って見えるのが私はすごく嫌で、そういえば高校生の頃からボールペンは紺(しかも粗が隠れるようにちょっと太め)しか使っていなかったことを思い出しました。

海外でも、「真っ黒のボールペンってあんまり使わない。基本ブルー。」みたいな話もありますよね。

ブルー/ネイビーのインクといえば、私の中ではこれ。

海外のレシピカードは、この紙にネイビーインクのボールペンで書かれているイメージです。

ちなみに、研究結果的にも、黒よりも青とか紺のインクの方が暗記力がアップするから勉強におすすめという話もあります。

(青ペン書きなぐり勉強法と呼ばれています)

黒以外のボールペンがいい。

これは、字が汚い私の甘えなのかもしれませんが....黒いインクって字を書くのも緊張しませんか?

逆に、落ち着いたビンテージカラーだと馴染んでおしゃれに見えます。

受付に置くペンも、おもてなしの一環で「ちょっと茶色」とか「ちょっとグレー」とか「ちょっとネイビー」とかにしてもらえると、少し心地よさがアップするな〜なんて、個人的に思っているのですが....

みなさんはいかがですか??

この記事に関連するキーワード