ペルシャ絨毯がいい♡高砂のコーディネートは、ラグにまでこだわるとおしゃれ度が上がる

2021.02.12公開
きゅん

テキスタイルって重要!

カーテンやテーブルクロスなど。

空間のコーディネートを考える中で、テキスタイルってすっごく重要です♡

例えばこの写真♩

ゼクシィのスタイリングなのですが、蝶々のファブリックが目立って、おしゃれで素敵♡

お花や小物と同じように、テキスタイル選びも空間づくりの重要なポイントにカウントしてこだわると、ぐっとおしゃれ度が増すんです♡

高砂のラグに注目!

そこで考えたいのは、結婚式のメインテーブルである新郎新婦が座る高砂の椅子やテーブルの下に敷く、ラグのこと。

高砂には、ラグは必須ではないけれど....

実は、あるのとないのでは大違い!

100%どんな場合もラグを敷いた方がいい!という訳ではないけれど、

ご覧ください♡

こういうスタイリングだったら、ラグありがかわいいですよね♡

ラグがあることで、「ここがステージだよ!主役の場所だよ!」というのがわかりやすくなったというか。

✅その場所がスポットライトを浴びたような

✅一段高くなったような

そんな感じで、目立つし、空間が特別になったような雰囲気を纏えます♡

今時なのは、ペルシャ絨毯*

もし、ラグをリクエストできるなら、使うと今風になるのは「ペルシャ絨毯」です。

✅代官山のドレスサロン「plume.」さんも。

✅メゾンスズさんも♡

おしゃれなドレスサロンにも、ペルシャ絨毯が敷いてあるところが多くて♡

上品だけれど贅沢な雰囲気で、大人っぽくって素敵ですよね。

高砂に敷いてもらうとこんな感じ♩

ペルシャ絨毯をメインテーブルの下に敷いてもらた実際の事例はこちら♡

ピンクのバラにかすみ草...といったラブリーなお花の組み合わせというよりは、くすんだ色味でエアリーな、ラスティックな雰囲気の空気と組み合わせて使われることが今のところは多いみたい。

存在感が増して、単体でゴージャスなので空間が華やかになって素敵ですよね*

「お家で行われるパーティーに招かれた」ような、邸宅感も出せてほっこり。

高砂のスタイリングを考えるときには、ぜひラグにまでこだわってコーディネートをお願いしてみましょう♩

式場によっては「それは無いので難しいです」ということもあるかもしれないけれど、もし叶えてもらえたら最高♡

「私が選んだ結婚式場は、テーブルの下のラグまで理想を実現してくれる・こだわってくれる式場なんだ!」ってみんなに自慢したくなっちゃいそうです*

この記事に関連するキーワード