知る人ぞ知るインポートドレス♡イタリアのドレスブランド『オフィチーナ ディ クチトゥーラ』

2020.12.17公開
きゅん

珍しいインポートドレスが着たい!

今、海外ブランドのウェディングドレスが大人気。

テンパリーロンドンやジェニーパッカム、イネスデサントなど…

人気&有名なブランドにも憧れるけれど、まだ日本であまり着ている花嫁さんがいないような、珍しいインポートドレスを見つけたいという方もいるはず。

marryでは、そんな日本に上陸して間もない知る人ぞ知るインポートドレスのブランドをよくご紹介しています♡

今回ピックアップするのは『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』。

『オフィチーナ ディ クチトゥーラ』は、イタリア発のブランド。

ブランド名は、「職人の工房・縫い目」という意味だそう。

その名の通り、デザインと縫製にこだわった、職人気質なウェディングドレスが特徴。

日本に上陸したのは、2018年。

表参道にあるドレスサロン『LIVE LOVE LAUGH(リブラブラフ)』で取り扱いがあります♡

まだ取り扱いショップが少ない分、着ている花嫁さんも少なめ。

まさに、知る人ぞ知るドレスブランドなんです。

日本でも着ることができる『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』のドレスをご紹介します♩

『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』のドレス1

トップとスカートでデザインが異なるドレス。「Dancing Flowers」という名前がつけられています♡

トップスはカッティングが特徴なシルクサテン。スカートは繊細なフラワー刺繍です。

真っ白ではなく、シャンパンカラーなのも素敵♡

『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』のドレス2

立体的な小花がドレス全体に散りばめられた華やかなドレス。

肩には可憐なリボンが。

可愛らしいデザインですが、背中が大きくV字にあいていて、インポートドレスらしさも♡

『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』のドレス3

スタイリッシュな印象のビスチェドレス。

生地は細かい縮緬のようなストライプ模様になっています。

ウエスト部分がV字になっているので細く見える効果もありそう♡

運命の一着を見つけて♡

まだ日本では着ている花嫁さんが少ないインポートドレスブランド『officina di cucitura(オフィチーナ ディ クチトゥーラ)』。

イタリアのデザイナーと職人のこだわりが詰まった、芸術作品のようなウェディングドレスです♡

人と被らない、自分らしい花嫁姿を目指したい花嫁さんは、ドレスサロン『リブラブラフ』へ試着しにいってみて。

この記事に関連するキーワード