森の中みたい♡葉っぱでやるフラワーシャワー【リーフシャワー】の魅力&DIYアレンジ

2021.04.08公開
きゅん

お花じゃなくて葉っぱのシャワー!【リーフシャワー】って知ってる?

挙式のあとのシャワー演出。

定番なのは花びらを使った「フラワーシャワー」ですが…

最近はお花ではなく葉っぱをトスする、「リーフシャワー」を選ぶ花嫁さんが増えています♡

この記事では、リーフシャワーの魅力や葉っぱの選び方、容器のDIYアイデアをご紹介。

きっとあなたもリーフシャワーをしたくなるはず♩

リーフシャワーの魅力①ナチュラルな雰囲気になる

リーフシャワーの一番の魅力は、自然な雰囲気の、まるで森の中にいるようなアフターセレモニーになること。

ブーケや会場装花をグリーンで統一している場合、シャワー演出もナチュラルにしたいですよね。

シャワーのあとの地面は葉っぱが散っていてマイナスイオンを感じます♡

海外っぽさや大人っぽさを感じるリーフシャワーは、「カラフルなお花はちょっと王道すぎる・フェミニンすぎる」と感じている花嫁さんたちにおすすめです。

リーフシャワーの魅力②珍しい♡

フラワーシャワーは定番の結婚式演出ですが、リーフシャワーは最近増えてきた日本では目新しい演出。

「葉っぱなんだ!」「珍しい!」とゲストから声が上がりそうです。

定番すぎるという理由でフラワーシャワーをやるかやらないか迷っているプレ花嫁さんにぴったり。

リーフシャワーの魅力➂白無垢にも合う

最近は人前式で白無垢を着る花嫁さんも増えていますよね。

和装の場合のシャワー演出は、何をトスしてもらうか悩む花嫁さんが多いですが…

リーフシャワーなら、上品に着こなした白無垢とも相性◎

リーフシャワーの魅力④お花よりたくさん用意できる

フラワーシャワーを行った花嫁さんの中には、「お花の量が少なかった」と感じる方も。

フラワーシャワーにかかる費用はゲスト一人当たり300円程度で、花びらの量は両手に乗るくらい。

生のお花って高いですもんね…!

リーフシャワーの葉っぱお花よりも低単価なので、たっぷり用意することができます。

葉っぱをたくさんゲストにトスしてもらって、こんな写真を撮ることもできるかも♡

緑が視界いっぱいに舞っていて、爽やかで素敵!

リーフシャワーの魅力⑤文字を書ける

葉っぱのいいところは、文字を書けるところ♡

大きめのグリーンを選んで一部の葉にスタンプを押したり、ペンでメッセージを書き込んだり。

粋な演出をすることができます♩

リーフシャワーに使う葉っぱの種類

リーフシャワーに使う葉っぱ。

おすすめは、オリーブの葉♡

オリーブは二本の木が花粉を交換して実をつけることから、昔から「夫婦の木」と呼ばれています。

花言葉は「平和」「安らぎ」。

そのほか、「私は死ぬまで変わりません」という花言葉をもつ月桂樹(ローリエ)や、見た目がおしゃれなユーカリが選ばれています。

花言葉や葉っぱの形、色などから、お気に入りの品種を見つけましょう。

何種類かミックスしてもおしゃれです。

リーフシャワーで使う容器をDIYしたい♡

リーフシャワーでゲストに配る、葉っぱが入った容器。

おしゃれなリーフシャワーだから、容器もセンスのあるものを用意したいですよね。

クラフト素材のカップに、「TOSS ME」のダイモテープ(凸凹のテープ)を貼ってDIY♩

コーヒーフィルターにスタンプを押し、ゴールドのテープで封をしたオリジナルラッピング!♡

クラフト紙をくるっとまとめたリーフコーンも、シンプルでおしゃれ。

こんな風に陶器の白いカップで配った花嫁さんも♡

お手紙のように折ったペーパーカップで。

ふたりの名前がおしゃれに印刷されています。

お花やフェザーとミックスしても!

リーフシャワーでトスするのは葉っぱだけとは限りません。

葉っぱ以外のものとミックスすると、さらにオリジナリティが。

ふわふわのフェザーと葉っぱを組み合わせれば、ナチュラルかつ幻想的な雰囲気になりそう。

白や黄色のナチュラルな小花と一緒に。

可愛らしい雰囲気のシャワー演出になりそうですね!

星のコンフェッティと葉っぱをミックス。

フラワーシャワーとリーフシャワー、どっちか選べなくて両方やった!という花嫁さんも♡

アフターセレモニーでリーフシャワーをやってみて!

最近増えてきている、リーフシャワーの演出。

おしゃれでナチュラルなアフターセレモニーにすることができます♡

グリーンいっぱいの結婚式を目指している花嫁さんは、フラワーシャワーではなくリーフシャワーを選らんでみて♩

この記事に関連するキーワード