オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーのホームフレグランス。陶器のケースが美しい【アラバストル】

2021.02.13更新!!
きゅん

欲しい♡

パリらしい、クラシックでヴィンテージライクな世界観が素敵な総合薬局ブランド「オフィシーヌユニヴェルセルビュリー」。

200年以上の歴史があり、確立されたフィロソフィーから作り出されるプロダクトたちは「受け継がれる遺産」と表現されるほど。

美しくで気高くて、使っていると背筋が伸びるような、そんな化粧品たち。

世界中にある各店舗は、それぞれコンセプトを持っていて、デザインが異なるというのも魅力。

全部の店舗に行ってみたくなります♩

次に買ってみたいのはこれ*

オフィシーヌユニヴェルセルビュリー(通称ビュリー)で人気のアイテムは.....

✅石鹸

✅ボディオイル

✅リップバーム

✅コーム

✅ボディミルク

など、色々ありますが......

私が、次に買ってみたいと思ったのはこちら。

【アラバストル】という、ビュリーが開発したストーンタイプのホームフレグランスです♩

陶器の中に入っているアラバストルストーンにアロマオイルを垂らすだけで、炎も蒸気も使わず香りを拡散できる、革新的な香りのアイテム。

アラバストルピエール(ストーン)を仕舞う陶器のケースも、さすがビュリー。ブルーの模様がエレガントな白磁器です。

古代ギリシャ時代には、お肌の手入れのために使う香油を保管したり、貴重な香りを閉じ込めるために使われた素焼きの土器を使ったそうで、「アラバストル」の着想になっているそうです。

火も水も使わないので、倒したり引火したりする心配がないから安心。

クローゼットの中でも、お風呂の中でも、車の中でも心配せずに使えます。

ルーブルとコラボした香りも*

アラバストルは、ケースとストーンとオイルのセットで8800円。オイルのみで、3000円です。

(使用頻度にもよりますが、だいたいオイル1本で半年くらい楽しめる....という口コミが多いみたい。)

定番の香りが8種類。

そして、ルーブル美術館とコラボの香りが7種類。(こちらは約1万円)

✅「ミロのヴィーナス」の香り

✅「大工の聖ヨセフ」の香り

✅「ニンフとさそり」の香り

など、有名作品をテーマにした香りが販売されています。

どんな香りなのか、ワクワクしますよね。

ギリシャに想いを馳せて*

香りまでこだわって生活している人って、ゆとりがあって幸福度が高そう。

そもそも、アラバストルは香らせる時に「蓋を開ける」という動作から、素敵ですよね。

お家の香りのアイテム、なにかいいのないかな〜〜〜と迷ったらぜひ、思い出してください♡

この記事に関連するキーワード