光が当たると、宝石みたいに見えるのが由来。【ダイヤモンドリリー】というお花が可愛い♡

2021.02.20更新!!
きゅん

またひとつ、可愛い名前のお花をみっけ♡

「ウェディングドレス」という名前のバラ

「ウェディングマーチ」という名前のカラー

「コットンキャンディ」という名前のあじさい

「デンファレいちごだいふく」という名前のデンファレ

marryではこれまで、可愛い名前のお花をたくさん紹介してきましたが、またひとつ、みなさんに知ってほしいお花を見つけました♡

【ダイヤモンドリリー】と呼ばれている、こちらのお花です。

名前から溢れ出る、高貴な美しさ。

ダイヤモンドリリーは、ヒガンバナ科の「ネリネ」という球根植物。

見た目はリコリスのお花と似ていて、空に向かってまっすぐ、細い花びらをひらりと噴水のように広げて咲く姿が特徴。

欧米ではダイヤモンドリリーという別名で親しまれているので、そう呼んでいるひとが多いみたいです。

その由来は、「日の光が花びら当たると、まるで宝石のように輝く」ことから。

たしかに、ローズクォーツのような、ルビーのような色合いで。

ダイヤモンドリリーという高貴なネーミングに名前負けしない、綺麗で美しいお花です。

色の種類も豊富♡

花言葉は?

そんなダイヤモンドリリーの花言葉は、「また会う日を楽しみに」。

他には、「忍耐」「箱入り娘」という意味もあるそうです。

結婚式で使うとしたら、ブーケがおすすめ♡

ダイヤモンドリリーは、その名前から結婚式で使うのにもぴったりのお花。

特に、ウェディングブーケの花材になっていることが多いようです♡

右下にダイヤモンドリリー(↓)

全体にダイヤモンドリリーを散りばめて(↓)

主役のお花ではないけれど、バラなど大輪のお花のそばに置くと、ぴょこんと咲いてる小ぶりな感じが可愛らしく思えてきます♡

ブーケ以外にも、切り花にして小瓶に飾るだけでも素敵。

ダイヤモンドリリーをたくさん集めると、ふんわり華やかな雰囲気です。

装花にも良いかも♡

魅力的なお花♡

名前に一目惚れした、ダイヤモンドリリーというお花。

調べてみたら、名前に負けないくらいの美しさ、可憐さをもつお花でした。

秋に咲くそうなので、毎年チェックしていきたいです♡

この記事に関連するキーワード