前撮りにも*お花畑と同じように、今「ススキ畑」がおしゃれな場所として再認識されてる♡

2021.03.03更新!!
きゅん

ススキ畑が、おしゃれな場所になってる。

日本の風物詩。春が桜、夏が花火ときたら、秋はススキ♡

風になびくような軽やかさのあるススキは、ナチュラルで、カントリーな雰囲気あふれる植物。

よく「黄金の海原」なんて表現もされていますよね。

最近はそんなススキ畑も、まるでお花畑と同じように、おしゃれな写真が撮れるスポットとして人気になっているみたい♡

たしかに、ナチュラルで、ラスティックで、ワイルドで、カントリーで、カラーレスなススキ畑は、どこか排他的で、どこか掠れた、くすんだ感じで。

きっと、「味のある」「エモい」写真が撮れるのだろうなぁと想像が膨らみます♡

奈良の曽爾高原が有名。

ススキ畑で有名な場所といえば、奈良県にある曽爾高原(そにこうげん)。

倶留尊山(くろそやま)の麓に広がる約40ヘクタールの広大な土地に、背の高いススキがサラサラふわふわとたなびいています。

見頃はもちろん秋。

9月中旬から穂が出はじめて、11月下旬に最盛期を迎えます♩

2月~3月には、春の草木が芽を出す前に山焼きが行われるそう。毎年恒例の早春の伝統行事で、「次も美しいススキが生えてくれますように」との願いが込められています。

この時期に、あえて足を運ぶひとも多いよう。

ただ、満開のススキの中で写真を撮るなら、やっぱり秋がおすすめです。

ススキ畑で、こんな写真が撮れる♡

自分より背の高いススキに隠れて。

空も入れて広々と♡

背景のススキをぼかして。

エンゲージメントフォトや前撮りで、ススキ畑に撮影しにくるのも素敵です♡

ススキ畑、行ってみたくなる。

お花畑のようにカラフルで明るい場所ではないけれど、ススキ畑がこんなにも素敵で、人気の場所だったなんて.......!と、この年齢になってようやく気付きました♡

ナチュラル系、ラスティック系が好きなひとは、ウェディングフォトの撮影にもおすすめ。

今年の秋は、ススキ畑に行ってみたいです♩

➡曽爾高原のGoogleマップはこちら

この記事に関連するキーワード