チョコペン要らず。シェアパックに入ってるチョコの袋で文字が描けるって衝撃!のトップ画像

チョコペン要らず。シェアパックに入ってるチョコの袋で文字が描けるって衝撃!

2021.03.02更新!!
きゅん

チョコペンって、使いますか?

誕生日や記念日などのイベントごとをおうちでお祝いするとき。

チョコペンでメッセージプレートを描いたり、クッキーやケーキに文字を描いたりすることも多いですよね。

そんなとき、スーパーや100円ショップで買ったチョコペンを使うのが普通ですが.......

○○を、チョコペン代わりにするすごいアイデアを見つけたのでシェアします♡

チョコの袋を、そのままチョコペンに!

それは、お菓子メーカーのよくあるシェアパックやバラエティパックに入っている、個包装されたチョコレートの小さな袋♡

明治やガーナなどの各社から出ている、手のひらサイズのチョコレートです。

これがチョコペンの代わりになるって、けっこう驚きじゃないですか?

ただ溶かすだけ。

方法は、こう。

①袋のまま熱湯に入れてチョコレートを溶かす

②ハサミで先っぽを細く切る

③そのまま中身を出して、メッセージを描く

動画はこちら。もはやチョコペン要らずの、天才的発想です....!♡

何回失敗しても、次がある安心感。

お菓子作りをするとき、チョコペンって1本とか2本しか買わないから、失敗したらどうしよう....というプレッシャーが地味に大きいもの。

でも、大容量パックに入っているチョコレートの袋を使えば、最悪失敗しても「次がある」「しかも、何個もある」という安心感があります。

今度、チョコペンを使った作業をするときは、ぜひ試してみてほしいアイデアです♡

この記事に関連するキーワード