海好きに人気のお守り♡開運の波に乗れる「安乗神社の波乗守」

2021.03.11更新!!
きゅん

サーファーに人気のお守り♡

見てください♡

今まで見たことが無いデザインのお守りを発見しました!

サメと波が刺繍されている「波乗守」です*

白いお守りに紺の刺繍。シンプルで爽やかなお守りです♩

開運の波に乗れますように。

波乗守は三重県志摩市にある「安乗神社(あのりじんじゃ)」のお守り。

こんな意味が込められています。

------------

「開運の波に乗る」

漁業に、マリンスポーツに、平安を望むすべての人々が人生の荒波を安全に乗り越え、開運の波に乗れますようにご祈祷してございます。

この守袋は穢れ(けがれ)を祓うと云われる麻で奉製しています。

安乗神社のご祭神、綿津見命は日本神話に登場する海の神様です。

文禄の役では九鬼嘉隆が率いる船団の航海を助け、また嘉永七年の安政東海地震の祈りにも大津波の勢いを減じさせたと伝えられており、歴史上、波とかかわりの深い神社です。

------------

昔から波とかかわりが深く、多くの人々を助けてきた安乗神社。

そんな安乗神社で授与してもらえるのが波乗守です。

サーファーや漁師さんが「安全に良い波に乗れますように」と願いを込めて身に着けるのはもちろんのこと、開運の波に乗るという意味も込められているので、新しい門出を迎える新婚夫婦にもぴったりだと思いました♡

人生、良い波に乗りたい♡

✅海の波にも

✅開運の波にも

乗れますようにと願いが込められた「波乗守」。

伊勢神宮からは、車で1時間かからないくらい。ぜひ伊勢旅行に組み込んで行ってみてください♩

<安乗神社の詳細>

住所:三重県志摩市阿児町安乗844

➡Googleマップはこちら

電話番号:0599-46-0570(志摩市観光協会に繋がります。)

◆公共交通機関を使った行き方:

関近鉄鵜方駅から安乗行きバスで安乗まで。(約20分)その後歩いて約20分。

◆車での行き方

車伊勢自動車道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン、第二伊勢道路、国道167号線を経由(約50分)

グーグルマップで広域で見るとこの位置。

海好きに人気のお守り♡開運の波に乗れる「安乗神社の波乗守」にて紹介している画像

神社の裏手からは的矢湾を見渡せます*

海好きに人気のお守り♡開運の波に乗れる「安乗神社の波乗守」にて紹介している画像

この記事に関連するキーワード