こんな場所あったんだ...!大阪市中央公会堂で撮るウェディングフォトがロマンティック。

2021.04.18更新!!
きゅん

大阪のひとには馴染みのある、中央公会堂。

「大阪に住んでたら、ここで前撮りしたかったな...!」と思っている場所が、大阪市北区中之島にある中央公会堂。

昔から商人の街として栄えてきた中之島のシンボル的な存在で、国の重要文化財。

大阪に住んでいなくても、知っている人も多いはず♩

わたしは大阪に詳しくないのですが、インスタで見つけて「なんて素敵な景観なんだろう...!一体ここはどこ?」と惹かれたのが、興味を持ったきっかけでした♡

中央公会堂は、大正時代の1918年に竣工した集会施設。

最大1,100人以上を収容できる大ホールから、中ホール・小ホールまでいくつか集会室があって、コンサートや講演会、式典などが行われています。

もちろん結婚式もできます♩

挙式ができる特別室というお部屋は、かつて要人を接待するために設けられた貴賓室(きひんしつ)。

天井や壁面には日本神話が描かれていて、ステンドグラスがきらめく格式高い雰囲気の場所です。

ここで撮るウェディングフォトが素敵♡

そんな中央公会堂で撮るウェディングフォト・ロケーションフォトが、羨ましくなるくらいとっても素敵で他の場所ではきっと同じようには撮影できない唯一無二感あり。

どんな写真が撮れるのか、ご紹介していきます。

まずは何といっても、このレトロな外観♡

ネオルネッサンス様式の建物は、とにかく壮麗で歴史を感じさせます。

お外で撮るロケーションフォトは、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような一枚♡

広角で、建物全体が入るように撮った写真はドラマチック!

外壁ワンコーナー取っても、ヨーロピアン&クラシカルな雰囲気でうっとり。

夜、ライトアップされたあとも素敵です。

お外は広々としたスペースなので、建物から少し離れて撮るのも◎

東京で言う丸の内のような、都会的でセンスのある空気を感じます*

気になる中でのウェディングフォトは♡

私がすごい...!と感動したのが中集会室での一枚。

まるでヨーロッパの宮殿のような空間で、ここを二人だけで使えるなんて贅沢な体験♡

同じ場所でも、角度を変えるとこんな正統派クラシカルなウェディングフォトが撮れます。

ここは特別室の一角。

天井も高くて、撮影中ずっと気持ちが高揚しそう♩

特別室のステンドグラスの下で、向かい合ってぱしゃり♡

逆行で撮るのもおしゃれです。

大阪で前撮りするなら、やっぱりここが良い♡

創建100年を超える、国の重要文化財に指定されている大阪市中央公会堂。

ここで撮るウェディングフォト・ロケーションフォトは、レトロな雰囲気の中にロマンティックさと美しさが介在していて、

似たような場所はあるかもしれないけれど、なんというか、“本物”や“スケールの大きさ”を実感します。

中央公会堂での前撮り、気になります......!!♡

➡大阪市中央公会堂のホームページはこちら

この記事に関連するキーワード