定番の以外にどんなのがある?招待状封筒の「ふた部分」のデザインに注目♩

2021.06.25公開
きゅん

招待状の封筒、何を使う?

結婚式の招待状で使う封筒は、

・洋形2号サイズで

・糊付けするふた部分がダイヤ貼り(三角形)

のデザインが主流ですよね。

まさに、この形の封筒!

封筒をこだわるなら、たとえば色つきのカラー封筒にしたり、長方形ではなく正方形にしたり、というアイデアがありますが、

この記事では糊付けをする「ふた」の部分に注目して、ちょっと違う形の封筒をご紹介します。

たとえば...!

ちょっと変わった封筒のふたデザインpick up♩

【①】

ダイヤ貼りになってるふた部分の三角形の面積が、かなり深いデザイン。

シーリングスタンプや封緘シールを貼る位置が、封筒の底辺すれすれになるのが特徴です。

【②】

ダイヤ貼りではなく、横一直線のカマス貼りの封筒♩

どちらかというとビジネスシーンなどでよく使われているタイプですが、招待状にするとカクっとしたカジュアルな雰囲気。

【③】

ふたの切り替えしポイントが、中央ではなく右寄りの封筒も発見。

アシンメトリーの封筒って珍しいですよね♩

【④】

エンボスペーパーのように、ビリビリっとちぎられたようなデザインの封筒もあんまり見たことなくて、個性的。

ほどよいラフ感があっておしゃれです*

ふたのデザインが変わってると、こだわりを感じる♩

ちょっと変わった招待状封筒の「ふた部分」の形を集めてみました。

細かいところではりますが、定番のものとは違って珍しい雰囲気でおしゃれに感じました♡

招待状にこだわりたい♡という花嫁さんは、

封筒のデザイン(特にふた!)に注目してみるのも良いかもしれません♡

この記事に関連するキーワード