仰々しさが消える??ラブストーリーボードは「Our Story」という言葉にするとあんまり恥ずかしくないかも

2021.07.23公開
きゅん

記念日を知ってもらえるラブストーリー

ウェルカムスペースに飾るラブストーリーボードは、ふたりの記念日を知ってもらえるウェディングアイテムのひとつ。

いつ出会ったのか、いつ付き合ったのか、いつプロポーズして、いつ入籍したのか。

おしゃれにカジュアルに、結婚式が始まる前にふたりの大切な思い出の日を認識してもらえます♩

でもちょっと、Love Storyって言葉が恥ずかしい...!

そんなラブストーリーボードには、一番上に「Our Love Story」と大きくデザインするのが主流。

でも。

「これが私たちのラブストーリーです!」と自分たちで銘打つことに対して、ちょっと恥ずかしいかも.....と感じるひとはいませんか......??

(わたしはそのタイプです。。。)

それって何でだろう?と考えてみたのですが、

まず、そもそもラブストーリーという言葉って、恋愛作品のキャッチコピーや歌詞として広く使われているのはよく見聞きするけれど、自分自身のことにはあんまり使わないですよね。

もちろん、まわりのカップルがラブストーリーボードを用意していたら「素敵だな~~~ラブラブなんだな~~~♡」「こんなに長く付き合ってるんだな~!」と素直に思いますが、

自分たちのことになった途端ちょっと気恥ずかしさも感じるし、

ラブストーリーという言葉そのものが、ロマンティックなイメージが強くてちょっと仰々しくも感じたりもします.......!

「Our Story」なら恥ずかしくないかも

だから、もし同じように感じるひとがいたら、

「Our Love Story」ではなく

「Our Story」とデザインするのが良いかもしれません♩

そうすれば、プロフィールムービーの「Groom's Story/Bride's Story」と同じような感じで、特に気恥ずかしさを感じることも、抵抗もないかも??

よりシンプルな見た目にもなるので、おすすめです***

➡marryの中にはラブストーリーの他の記事もいっぱいあります*記事一覧はこちらから見られます♡

この記事に関連するキーワード