ダサくなりがち。「こんなアレンジやアクセサリーにされたら拒否したい」と思っている髪型のポイントのトップ画像

ダサくなりがち。「こんなアレンジやアクセサリーにされたら拒否したい」と思っている髪型のポイント

2021.06.26公開
きゅん

こういう髪型は、ちょっと避けたいかも...?

結婚式のブライダルヘア。

自分が心の底から可愛いと思えるアレンジ&アクセサリーを見つけるのが何よりの最重要項目ですが、

同時に「自分が嫌なイメージに近づかないように」予防線を張るのも、意外と大事。(悲しいことですが.....)

もしドレスサロンのスタッフさんやお母さん、周りのひとに自分の趣味とは違うものをおすすめされても、

流されずに「それは嫌いです」と言える勇気を持ったり、嫌なイメージやラインを考えておくのも、打ち合わせをする上では重要だったりすることも...。

そこでこの記事では、私だったら「こういう髪型は避けたいな」と思っているブライダルヘアを並べていきます。

ダサくなりがち。「こんなアレンジやアクセサリーにされたら拒否したい」と思っている髪型のポイントにて紹介している画像
@g.wedding2018

<①100均にありそうな造花感の強いアクセサリー>

造花でも、自然で上品な造りのプリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーなら良いのですが、

花びらがしわくちゃだったり、色が褪せていたり、原色やビビッドに近い色味で「いかにも100均にありそうだな...」と思ってしまう造花のヘアセットは絶対に避けたいです。

特に100均でもよく見るバラやカーネーションなどは、造花だと安っぽく見えてしまいがちな種類の代表。

昔ながらの衣装店では定番の小物として置いてあるところが多いんです。

お花によって雰囲気がチープになっていないか、子供の発表会や成人式や七五三のように見えていないか、というのには特に気をつけないと....と思っています。

<②自分の頭の大きさを超えるアクセサリー>

たとえば、ビッグサイズのチュールリボンなど。

自分の頭の大きさをはるかに超えて、正面から見てもどーーんとはみ出すように着いているアクセサリーはインパクトがありますが、

同時にそれだけ浮いているように見えたり、パレードの衣装みたいな派手さを感じることも。

特にリボンなどは、「大きいと可愛い説」もたしかにあると思うのですが、同時に上品であろうとすると、「何でも大きくすればいいわけではない」と思うので、自然で違和感のないサイズ感にこだわりたいです。

<③お姫様みたいな少し小さめのティアラ>

ティアラも、サイズ感が大事だと思うアクセサリーのひとつ。

私がなるべく避けたいと思っているのは、最近はやりの大振りサイズよりも一回り、二回り横幅が狭めの小さいティアラ。

小さめのティアラって、ディズニーランドで女の子がプリンセスの仮装をしているときのような、少し幼い印象を持ってしまう気がします...!

ティアラやクラウンは大きすぎても個性的すぎますが、ある程度はしっかりとした存在感があるものを選んだ方が、おとぎ話的なプリンセス感がなくなって、大人らしい雰囲気をまとえる...と思います。

<④かきあげヘアに大きなヘッドドレス>

前髪をバサッとあげたかきあげヘアって、大人っぽくてかっこいいイメージ。

その、かきあげたおでこ(こめかみ)の上に、大きなビジューのヘッドドレスやお花飾りを飾るアレンジも数年前に流行りましたよね。

顔立ち的に似合う・似合わないがあると思うのですが、

自分だったらちょっと似合わなさそうだし、変にギャルっぽく見えてしまうので、これはやめようと思いました。

それに最近は、ダウンスタイルでももりもり華やかに!ではなくしっとりシンプルに、というほうがトレンドのような気がします。

(その人その人の雰囲気によりますが、私はそう思います)

<⑤くるりんぱや三つ編みが分かりやすすぎるアレンジ>

いろんなブライダルヘアを見ていて私が実は一番気になってるのが、くるりんぱや三つ編みやロープ編みが浮いているように見えるアレンジ。

すごく細かい部分なのですが、よくシニヨンの上やサイドの髪の毛を、くるりんぱしたり、三つ編みしたり、ロープ編みにしたりしますよね。

その部分が、まるでセルフアレンジしたときのように、

「ここはぎちぎちにロープ編みしてあるな~」

「パックリ割れたくるりんぱだな~」

「三つ編みが普通すぎる...」

と思ってしまうしまうくらい、どこか硬くて素人っぽい、垢ぬけない印象を持ってしまう髪型って、あんまりおしゃれに見えない気がします...。

ヘアメイクさんには、「ここはどうやってこんなにふわふわにしてるの!?」と思うくらい自然に、柔らかい雰囲気のアレンジにしてもらいたいし、しっかり伝えるのが大事だと思っています。

<⑥取って付けたようなお団子の形>

これはシニヨンにするときの話なのですが、取って付けたようなお団子の形も個人的には避けたいです。

具体的に言うと、自分でゴムで結んだときのように、頭の側面とお団子の間にゴム分の隙間のある髪型...!

お団子がちょっと分離しているように感じるし、結婚式の髪型にするにはラフすぎる&普段っぽすぎるのかな?と思います。

なるべくお団子の境目を感じさせないくらいするりと、ふわふわが全体的に繋がっているような束ね方が理想です。

<⑦お花みたいなお団子の形>

最後も、シニヨンにしたときのお話。

お花みたいな形の(特にバラをイメージしたような)お団子は、やっぱり昔っぽい、成人式っぽい雰囲気がしてしまうので避けたいです。

以前一度、美容院で「ふわふわのお団子にしてください」とお願いしたら「お花がぱぁっと咲いたようにふわふわにしましたよ〜♡」と大きな立派なバラのようなお団子を作ってもらったことがあるのですが、私のふわふわのイメージと大違いで...。

まさか、お願いしていないのにお花みたいにされるとは思っていなかったのと、花びらのように平たく髪の毛をスタイリングしているので、横から見たら薄くて貧相に見えたのも残念ポイントでした。

それ以来、お花みたいにできそうな形のお団子は意識的にオーダーするのを避けています。

避けたい髪型、みなさんはどんなの?

以上、私が思う「こんなアレンジ&アクセサリーは避けたい髪型」でした。

自分で見て「これはイケてないな....」「古臭いな....」と感じるブライダルヘアにはしたくない、というのは花嫁さんの共通の気持ちだと思います。

自分の好き嫌いもハッキリすると思うので、「やりたくない髪型」「避けたいアレンジ」「着けたくないアクセサリー」に着目してみるのも良いかもしれません。

ダサくなりがち。「こんなアレンジやアクセサリーにされたら拒否したい」と思っている髪型のポイントにて紹介している画像
@disney_garden_wedding

この記事に関連するキーワード