お名前は、ピティフィラ♡プティサイズのプロテアがあるって知ってた?

2021.08.13公開
きゅん

個性的で存在感のあるプロテアのお花♩

最近、花嫁さんのブーケや装花にもよく使われるようになったプロテアのお花。

大きくて、華やかで、個性的で。

つんつんとした花びらを持つ、どこか異国感漂うエキゾチックな姿のプロテアは、一輪だけでも圧倒的な存在感を放つワイルドフラワー(もともと荒野で自生していたお花♡)です。

蕾の状態と花開いたときで、見た目がまるっきり変わるのもプロテアの特徴。

<開花前>

<開花後>

(プロテアというのは、たいまつという意味。確かに、たいまつと似た形に見えますよね。)

プロテアを知らなかったら、本当に一緒のお花なのかな...??と疑ってしまいそうなほど印象が違います。

でもどちらの状態もそれぞれに魅力があって、いろんな場面で花材として使われています♩

キングプロテアは知ってるけど、その真逆....!

そんなプロテアの品種で、おそらく一番有名なのは「キングプロテア」。

通常10~20cmのプロテアですが、このキングプロテアは約30cmの大きさ♩

この、どーん!とした派手さ。

キングと名前についているのも納得です。

でも、そんなキングプロテアとは真逆のサイズの、通常よりも小さなプロテアがあるのを知っていますか.....??

小さくて可愛い♡

その品種の名前は「ピティフィラ」。

大きさは、10cmあるかないかくらいのサイズなので、通常のプロテアと比べても一回り~二回りほど小さい、ガーベラくらいのサイズ感♩

花びらも尖っておらず、カップ咲きみたいな形状も可愛いポイント。

5~6個ほどのピティフィラなら、ぎゅうっと束ねれば片手で持てちゃいます♡

(キングプロテアじゃ考えられない使い方...!)

でも、小さくて可愛いけれど、色はしっかりプロテアらしい異国的な華やかさ。

これだけでブーケにするのも素敵かも♩

ナチュラル・ワイルド、ラスティック。

そんな雰囲気が好きな花嫁さんにまずは、知ってもらいたいお花です*

プロテアの花言葉は「王者の風格」「華やかな期待」「甘い恋」「自由自在」などがありますが、

これらの中で「甘い恋」という大胆な見た目にそぐわないような意味は、このピティフィラの姿から名づけられたのでは?と思っちゃうくらいの可愛さです。

小さいプロテア、見てみたい♩

日本でプロテアと言うと、キングプロテアのような大きくて立派な品種のイメージが根付いていますが、

ころんとした小さなプロテアも、珍しいですが存在しています♩

ただ、小さいとは言っても10cm弱ほどはあるので、他の小さめのお花と比べるとそれなりに独特な、主張の強さはあるかも。

お花やさんの前を通ったら、「あるかな〜?」とチェックしたい花材です♡

この記事に関連するキーワード