平面に見える不思議なフラワーベース♡お花屋さんの娘で陶芸家の「マリアンヌ・ハルバーグ」に注目

2021.07.16公開
きゅん

平面みたいな不思議な作品*

Instagramを見ていたら、不思議な花瓶に出会いました。

マリアンヌ・ハルバーグという陶芸家の作品で、平面の紙に描いたような見た目なのですが、飾られているのは紛れもなく立体的な本物のお花。

一瞬「どうなっているの??」と混乱しますよね…!

お花屋さんの娘さんが作った作品。

この不思議な花瓶を作っているのは、陶芸家のMarianne Hallberg(マリアンヌ・ハルバーグ)。1952年にスウェーデンのヨーホデリにあるお花屋さんの娘として生まれました。

2Dと3Dが融合したような、平面に描かれたスケッチが立体的に立ち上がっているユニークな作品が特長。

(2Dカフェみたいな感じです…!)

花瓶の作品が多い♡

マリアンヌ・ハルバーグは食器や布巾など色んな作品があるのですが、中でもフラワーベースの種類が多いです。(お花屋さんの娘として生まれたルーツがあるからでしょうか??)

◆花柄のかびん

◆香水瓶のかびん

◆水のはいったビンのかびん

◆ランプ&コードのかびん

◆クマと、その影のかびん

◆チェックのかびん

◆マニキュアのかびん(丸・四角)

◆犬のかびん

◆ペットボトルのかびん

花瓶は7,700円~33,000円。

(スウェーデンで作られているオリジナルの陶器のもののラインと、日本で瀬戸焼とコラボした量産品のラインがあります*)

お花好きのご友人へのプレゼントに喜ばれそうです♡

マリアンヌ・ハルバーグの作品が素敵♡

平面を立体にしたような不思議な陶器「マリアンヌ・ハルバーグ」。

テーブルに一つあるだけで目を引くおしゃれな花瓶です♡

マリアンヌ・ハルバーグはTONKACHIというオンラインショップで購入することができます。花瓶以外にも素敵な作品がたくさんあるので、ぜひ覗いてみてください♩

➡作品の購入はこちら*

この記事に関連するキーワード