小林麻央さんもへその緒ケースに選んだ*出産祝いに箱藤商店の「たまご箱」が喜ばれそう♡

2021.07.14公開
きゅん

可愛い美しいものを見つけてしまいました♡

ころんとまん丸の桐の箱に、繊細で美しい模様。古風で、温かみがあって、代々受け継ぎたくなるような。そんな素敵なアイテムを発見しました。

京都にある、箱藤商店(はことうしょうてん)の「たまご箱」という箱です*

作っている箱藤商店は1891年(明治24)に山田藤吉商店として柳馬場仏光寺に創業。1944年(昭和19)年に現在の浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺の北側に店を構え「箱藤商店」に改名しました。

創業当時から着物の帯や能の面、清水の焼き物や仏具など「大切なものを仕舞う桐箱」を扱い、京都の伝統工芸界において”控えめな名脇役”として知られていました。

2000年からは個人向けに桐箱専門ギャラリーをオープンし、現代のライフスタイルに合わせた色んな桐箱を提案されています♡

ころんと可愛い”たまご箱”♡

箱藤商店にはお針箱や茶椀箱など用途に合わせた色んな桐箱がありますが、この記事でご紹介するのはこの「たまご箱」。

桐箱というと四角のかっちりとしたものを思い浮かべますが、たまご箱はその名の通りぷっくりとしたまぁるいフォルム。

蓋はぱかっと開くのではなくスライド式で、開け口がギザギザになっているのもポイントです♡

たまご箱は出産祝いに人気のお品で、へその緒ケースとして使われることが多いみたい。赤ちゃんの誕生を素敵に彩ってくれます。(「たまご」っていうのも、可愛いですよね。)

小林麻央さんも二人のお子さんのへその緒ケースに選ばれたそうです。

➡小林麻央さんのブログ

そして、たまご箱は絵柄が豊富にあるのも魅力的。

1月~12月の花々と「桜と紫陽花」「藤と椿」「月と秋草」など季節のお花が合計で18種類。

干支をモチーフにしたたまご箱、

縁起の良い「宝尽くし」や「藤と鶴」、男の子の出産祝いには「兜」「鯉のぼり」「金太郎」「桃太郎」など、どれにしようか迷ってしまうほどたくさんの絵柄があります。

オーダーメイドで作ってもらうこともできます。このピアノの絵は、ピアノ教室をやっていらっしゃるママに、お友達がオーダーメイドでプレゼントしたものだそう。

赤ちゃんが生まれた干支や季節や願い事などに合わせて色んな絵柄を選べるので特別感あり。

値段は一つ5,500円で、+1,100円で名入れをしてもらうことも出来ます♡(たまごの内側か外側の裏に入れることができます)

可愛い「たまご箱」を出産祝いに♡

✅豊富な絵柄

✅名入れができる

✅伝統的な京都の工芸品

✅一つ5,500円というお値段

と魅力がたくさんある箱藤商店のたまご箱。

次に友人に出産祝いを贈るときはこれにしよう♩と思いました♡

箱藤商店の店舗は京都市下京区(阪急「四条大宮」駅から徒歩約10分)にあり、オンラインショップでも購入することができます*

➡箱藤商店「たまご箱」商品一覧はこちら

この記事に関連するキーワード