アクリル板対策!お花を小分けにして飾るテーブル装花の事例♩

2021.07.20公開
きゅん

アクリル板を置く場合の、テーブル装花のお話*

全国でワクチン接種が始まりましたが、前と同じような時間と空間を過ごせるようになるには、まだもう少しかかりそうな新型コロナウイルス。

感染症対策をした上での結婚式が行われてもう1年以上経ちますが、その中で気がついたことがあります。

それは、「ゲストテーブルにアクリル板を設置する場合は、装花は小分けに置くタイプの方がいいかも」ということ!

テーブル装花といえば、卓の真ん中にどーんとお花を置くデコレーションが王道でしたが、パーテーションで仕切りを作る場合は必然的に、小分けにする選択肢の方が優先されそう。

そこでこの記事では、お花を小分けにしてコーディネートするゲストテーブル装花の素敵な事例をご紹介します*

小分けにするタイプの装花って、なんとなくかすみ草など小花のイメージがあったけど。

カラーやアンスリウムのお花を、白と緑で統一するコーディネートも大人っぽくておしゃれ。

ゲストのほうに向かって、茎の長いお花がぴょんぴょん咲いているのが海外っぽい♡

ぴーんとまっすぐに伸びる背の高いお花を瓶に挿したデコレーション♩

瓶は、透明や茶色、ピンクなどいくつか色のバリエーションを持たせるのも良さそう。

ブルー・パープル系の小花は、これぞ小分けタイプにぴったりの装花って感じ♡

この試験管のようなフラワーベースも人気です。

小さな花瓶に4〜5本くらいのお花をちょこちょこと。

エスコートフラワーの演出と組み合わせてもいいですよね。

ゴールドの小瓶を使うと、海外っぽいゴージャスさが生まれます。

形も、いろんなバリエーションを揃えられるとgood♩

陶器のような真っ白な花瓶に、南国感あふれるカラフルなお花をデコレーション♡

パーテーション超しでも明るい気持ちになれそうな装飾です。

お花と一緒に、キャンドルを飾るもひとつの手♩

蝋燭台のようなアンティーク感ある小物がおしゃれ。

花瓶を、ガラスと陶器を混ぜて使うアイデアも素敵。

お花も、すべて品種は違うけどイエローで揃えていて花嫁さんとフローリストさんのこだわりを感じます♡

お花が小分けになっていると、エアリーでシンプルな、抜け感がある雰囲気になる気がしますが、キャンドルに色がしっかりあると、華やかさも失わない感じ♡

お花は瓶に小分けに。

ショープレートの上にお花を一人ずつに添えると寂しさなし*

お花にも、瓶にもこだわりたくなった♡

アクリル板を設置する場合、装花は小分けにするデコレーションが、ゲストみんなの前にお花があるので良い♡ということがわかりました。

それから、小分けタイプのデコレーションは、お花はもちろんですが、お花を入れる容器も、透明のガラスだけではなく色付きにしたり、違う形や素材のものを混ぜたりして工夫すると、よりおしゃれに♩

パーテーションがあっても、おしゃれに可愛くゲストテーブルを彩りましょう♡

➡テーブル装花の記事一覧を見てみる

この記事に関連するキーワード