彼に教えたい*ぎこちなく見えない、腰に手を回すポイント5つ*

2021.07.28公開
きゅん

新郎に教えてあげたい*

結婚式では、手を繋ぐ・腕を組む・手を添えてエスコートしてもらう、など、シチュエーションに応じた新郎新婦の姿勢(歩き方)のパターンがいくつかあります。

彼に教えたい*ぎこちなく見えない、腰に手を回すポイント5つ*にて紹介している画像
@yuri08225249

その中でこの記事では、花嫁の手紙やケーキ入刀のシーンでよく見る【花嫁の腰に新郎の手を回す】姿勢について、深堀りしてみます。

Instagramではたまに、

「彼の手の回し方がぎこちなかった」

「慣れてない感がすごい出てた😂」

「特に練習とかは必要ないと思ってたけど、一回くらい事前にやっておけばよかったな~」

という花嫁さんの感想を見るので、

当日彼に美しい姿勢で体を支えてもらうためには、綺麗な手の回し方を事前に共有しておいて、練習しておくことが必要そうです*

ポイント①背筋を伸ばす

背筋をしっかり伸ばして胸を張ります。

肩や背中が丸まっていたり、猫背になっていると、なんとなくだらしなく、情けなく見えてしまうので要注意。

ポイント②手をぐるっと回しすぎない

左手の位置も重要。

手が花嫁さんの脇腹あたりまでいってしまうと、ちょっと回しすぎ。

・背中の左側

・ウエストの切り替えしの少し上

くらいに、手のひらを添えるのが綺麗です。

彼に教えたい*ぎこちなく見えない、腰に手を回すポイント5つ*にて紹介している画像
@non.ayam

ポイント③腕の角度をなるべくつける

腕は、肩から花嫁さんの腰まで一直線上に伸ばすのではなく、

なるべく肘をカクっと曲げて、角度をしっかりめにつけるとより紳士的に、かっこよく見えます。

彼に教えたい*ぎこちなく見えない、腰に手を回すポイント5つ*にて紹介している画像
@lva__wd

ポイント④ぎゅっと掴まない

左手で、ドレスをぎゅっと掴んだり、腰を強く握りすぎないように注意。

ハンカチを持っている場合でも、優しく触るように、手のひらをそっと添えるくらいの感覚で花嫁さんを支えます。

ポイント⑤指先まで意識する

指先まで綺麗に見えるように意識します。

だらんと力を抜いてドレスに手をかけるのは楽ですが、それでは美しく見えないことも。

爪の先まで見られている意識で、五本指をしっかり揃えて&手の甲を少し曲げるようにして添えるようにしましょう。

以上を踏まえた、理想のイメージ*

以上のポイントを踏まえて、とても綺麗だな♡と思った手の回し方の画像がこちら。

支えてもらっている花嫁さんが羨ましくなるくらい、新郎さんの手の回し方が美しく、綺麗に見えます。

彼にもこのポイントを知ってもらって、一度練習しておくと良いかもしれません*

この記事に関連するキーワード