フットは赤一択!でも、赤色だってニュアンスは無限大だから....。赤いフットネイルの色味見本帳

2021.08.04公開
きゅん

フットは赤一択!

「フットネイル(ペディキュア)は赤に限る。それ以外はNG。」って、よく聞く言葉。

この多様化の世の中に、なんてこというんだ....!という気持ちにもならなくはないけれど、確かに、美人と呼ばれる人のフットの赤のワンカラー率は凄まじいものがあるような気がします。

「fumio買い」で人気のスタイリストの金川文夫さんも、「美女のフットは赤一択」とおっしゃっていました。

➡️金川文夫さんのインスタグラムアカウントはこちら***

私も、美人を目指して赤いフットネイルをしようと思ったのですが.....

赤って、結構色々あるんですよね....。。。。。。

ボルドー系とか朱色系とかローズ系とかプラム寄りの赤とか。

リップを選ぶみたいに、ペディキュアの色選びも結構難しくて。

きっと肌の色や雰囲気によって、同じ赤でも似合う赤と好みじゃない赤があるはず。

なのでこの記事では、ネイルサロンに行ったときに「どの赤にしますか??」と聞かれても困らないように、いろんなバージョンの赤いフットネイルをご紹介しようと思います♡

赤いフットネイルの色味見本帳

【1】

朱色みたいな、少しブラウンっぽいテラコッタ系の赤。

【2】

少し深めの、ボルドーよりの赤のグラデーション。

【3】

ミラーの赤。メタリックです*

【4】

オレンジよりの赤♡

【5】

こちらはマグネットネイルの赤。

【6】

朱色系の赤。

【7】

朱色系の中でも、明るい赤。金川文夫さんは、こういう赤が色気があるとおっしゃっていました!

【8】

少しローズ感のある赤。

【9】

こちらも♡少しローズ感のある赤♡

【10】

こっくりした赤。

【11】

ちょっとオレンジ系にピンクが混ざったように見える赤。

【12】

メタリックな赤。

【13】

少しだけ朱色系の赤。

【14】

少しだけダークな赤。

【15】

暗めの赤

【16】

マグネットの赤。こういう発光したりきらきらする系は、意外とどんな肌でも馴染みがいいイメージ*

【17】

明るいラメの赤。赤いラメと、丸いホロを重ねています*

【18】

ボルドーと朱色の中間くらいの赤*

【19】

ラメの赤♡

どのタイプがお好きですか....??

いろんな赤のフットネイルを、20イメージ♡

インスタで見つけておしゃれだなあと思ったお写真をご紹介しました*

私の個人的な感想では、朱色に近い赤のワンカラーは、セクシーなイメージ。色白の方が似合うような気がしています。

憧れていて、チャレンジしてみたいな〜という野望はあるのですが、私の肌の色は結構くすんだ感じで赤っぽいので、やってみても似合わなくって、いつもボルドー寄りの赤を今までは選んでいました。

(ぱきっとした色が似合わなくて、肌が汚く見えるので、いつも白にもベージュを混ぜてもらっています.....。)

ラメやホログラムやミラーやマグネットなどで、キラキラなタイプは、いろんな肌の人に似合う気がします。

みなさんは、どんな赤ネイルにしてみたいですか???

色々考えましたが、わたしは今年の夏は、色っぽい赤フットにしてみようかな....と思います!

この記事に関連するキーワード