半年だから半分...!海外のハーフバースデーケーキは真っ二つにした【半円形】が定番みたい

2021.08.22公開
きゅん

赤ちゃんの生後6ヶ月のお祝い*

赤ちゃんが生まれてからちょうど半年のタイミングでお祝いする、ハーフバースデー。

風船やガーランドで飾り付けして、ハーフバースデーケーキを用意して、生後6ヶ月の記念写真を撮るのが定番の楽しみ方です*

海外では、半円形のハーフバースデーケーキが人気*

ハーフバースデーケーキは、日本だとふつうのまんまるホールケーキにケーキトッパーをさしたりフルーツを乗せたりするのが定番♡

(6ヶ月でケーキを食べる子は少ないはずなので、大人が食べる用のはず♡)

海外ではちょっと違って***

ケーキが真ん中で完全に真っ二つにカットされた、正真正銘の【半円形】が定番みたい。

「半年だから半分で♩」という、人生でこのタイミングだけの、ハーフバースデーならではのデザインですよね。

どれも可愛い♡

でも、半円形だとちょっと寂しく見えたり、物足りなかったりするのかな?と思いきや、まったくそんなことはなくて。

可愛いデコレーションのハーフバースデーケーキをたくさん見つけたのでご紹介します。

女の子なら、ピンクのクリームで作りたい♡

半分あいたスペースには、メッセージを書くのが定番。

断面を切った風のデザイン。

ケーキのてっぺんには赤ちゃんらしい、ユニコーンや白鳥、くまさんなどの動物をのせるのも定番。

二段で作ると、より豪華に見えます♡

さくらんぼを乗せて、いま流行りのセンイルケーキ風♩

こちらも韓国風のハーフバースデーケーキ♡

ちょうちょとカーネーションのデコレーションも可愛いです。

双子なら、ハーフバースデーケーキをふたつ♡

ソースをたらりと垂らした見た目の、ドリップデザインもハーフバースデーケーキに多かったです♡

こちらもドリップケーキ。

王冠を乗せるのも可愛いですよね。赤ちゃんにも同じデザインのを被せたい♩

クリームを全面にホイップしたデザインも可愛い。

男の子ならブルーが定番カラーです♩

まるでウェディングケーキのようなおしゃれなデザインも♡

半円形のハーフバースデーケーキも可愛い*

半円形って日本だとけっこう珍しいし、初めて見ると「あれ、それで完成なの...?」と思ってしまう人もいるかも。

でも海外では、赤ちゃんの生後6ヶ月のお祝いケーキの定番デザイン***

ハーフバースデーだから半円のケーキっていう発想、面白いですよね。しかも、丸いケーキを半分にカットすれば、重ねるだけで背の高い半円ケーキが出来るので作りやすいのにも感動しました。

半円のハーフバースデーケーキ、ぜひチャレンジしてみてください*

この記事に関連するキーワード