最近流行ってる、コーラのブランド化!気になる日本のクラフトコーラの銘柄まとめ

2021.10.23公開
きゅん

クラフトコーラが流行ってる♡

最近、クラフトコーラって話題ですよね。

クラフトビールみたいな感じで、その土地ごとにだったりそのブランドごとにコーラを作る...って、コーラといえばコカコーラかペプシだろう!という世代で育った私としてはワクワクして面白いです♡

お茶とかみかんジュースみたいに、オリジナルのコーラが作れて、ブランドごとに味が違うからお気に入りのコーラがある...って、なんだか楽しそうじゃないですか?

普通のコーラとどう違うの...?

でもそもそも、クラフトコーラって何??

クラフトってどういう意味??

っていう疑問をまずは解消しましょう。

まず、コーラという飲み物の定義は、調べたところ特に無いそうでした。

✅コーラには、特定の成分が使われていないといけない...

✅◯◯が◯%以上含まれている場合はコーラと呼ぶ...

なんていうルールは、コーラにはないみたい。

「コーラ」と商品名に記載してあれば、それはコーラ。どんなものでも、コーラを名乗っても合法なのだそう。

一般的には、甘いシロップにスパイスをミックスしたものがコーラだという認識されています。

でも、コーラという名前の由来は、アフリカのガーナに生えているコラの木から採れる、コーラナッツ。

これが「神様からの贈り物」とされて、現地では神聖な食べ物として扱われていて、そのシロップはジュースになったり、薬として飲まれていたりするそう。世界中のコーラの起源です。

(でもこのコーラナッツのエキスが入っているコーラは世界でもすごくレアだそう)

そして、クラフトというのは、工芸品...なんてイメージですが、ざっくり言うと「少量で作る」という意味。

大量生産で大きな工場なんかで作るのの反対です。

だから、クラフトコーラというのは、大量生産で作られていない、少量生産&販売のスパイスのシロップ...という感じ。

ここからは、日本で買える・今気になるクラフトコーラをご紹介♩

①伊良コーラ

世界初クラフトコーラ専門メーカー。

日本と世界のクラフトコーラの元祖であり、先駆け的存在。

世界でもとっても珍しい、コーラナッツを配合して作られているコーラです。

下落合にある本店は、ガラス張りでコーラのシロップ製造過程を見ることができます*

フルーツやスパイスがどっさりですごいです♡

②島コーラ

石垣島のカレー屋さん「タマリンド食堂」が独自のスパイス配合で作るクラフトコーラ。

石垣島の採れたてオーガニックハーブやうこんなどをたっぷり使ったスパイシーなコーラです*

大ボトルはウイスキーのような見た目。

スパイスたっぷりなので、飲むと本当に漢方楽のように、体がしゃっきりしたりするみたい。今までのコーラの概念をくつがえります。

③オフコーラ

見た目がおしゃれなクラフトコーラ。

都市とキャンプのカルチャーを融合させた空間・音楽・ファッション・飲み物をつくるライフスタイルスタジオCityCampが、パティシエの林 巨樹さんと共同開発したコーラです。

パッケージがおしゃれ。

ミルクで飲んでも美味しいらしい♡

ご紹介したクラフトコーラは、全て薄めて飲むシロップタイプ。

ソーダで割ってもいいし、牛乳で割ってホットで飲むのもおすすめだそうです♡

その昔は薬として扱われていたコーラですが。甘ったるくて体に悪い...なんてイメージは過去のものになって、むしろスパイスたっぷりでリフレッシュする...なんていう常識が、令和の新しいスタンダードになる日も近いかもしれません♡

この記事に関連するキーワード