最近話題の、生理問題。可愛いが押し売りされていないホテルライクなデザインのナプキンを発見

2021.12.19公開
きゅん

社会的なトレンドになってる。

最近、何かと話題になることの多い【生理用ナプキン】問題。

6月には、三井不動産が展開しているららぽーと富士見で無料提供が始まったり、東京都の学校でも、公費で購入したナプキンが女子トイレに設置されるようになりました。

誰でも気兼ねなく、他人の目を気にすることなくトイレに置いてあるナプキンを使用できるのはありがたい取り組み。

個人的にも、永続的に、もっと広まっていってほしいなぁと思います。

また、ナプキンの種類がここ数年で幅広くなっているのも時代の変化*

Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせたFemTech(フェムテック)市場が注目され急成長していて、海外でも日本でも、いろんなサービスや商品が作られています。

ナプキン不要の吸水ショーツなどは特に定番化しつつあるアイテムで、GUやピーチジョンなどの大手企業からも出ているし、NagiやPeriodなど専門のブランドもたくさんあるので、もう使っている人も多いかも。

その他、ナプキンにまつわるトピックといえば

「薬局やコンビニにあるナプキンはどうしてこうも派手なデザインばかりなの?」

という問いかけ。

花やリボンがあしらわれた、ピンクを基調とした乙女感のあるパッケージデザインが多い状況に違和感や不満を持っていた人も多く、Twitterでもかなり議論されていました。

最近話題の、生理問題。可愛いが押し売りされていないホテルライクなデザインのナプキンを発見にて紹介している画像
@nagisa_marry

ふつうに白系のシンプルな商品もありますが、それでも一目でナプキンと分かるし、恥ずかしいもの・隠すべきものというみんなの意識を変えるほどの劇的なデザインではないのが現実。

ですが最近は、【もっとシンプルで】【落ち着いた雰囲気の】【もはや見えてもいい】デザインのナプキンも出ていて、話題です♩

ホテルライクな生理用ナプキン

そのナプキンがこちら。エリエールから出ているelis(エリス)という商品です。

いままでは、シンプルなデザインと言っても白やパステルカラーが多かったので、ここまで落ち着いたダークブラウンのナプキンは中々なかったかも。

ホテルのアメニティのようだと書いてありましたが、まさにそう。シックな色使いで、可愛いが押し売りされていないというのが大きな特徴。

➡ここから注文できます***

これならそのまま化粧ポーチやティッシュポーチと一緒に入れても変じゃないし、もし見えても一目では分からないから大丈夫かな....?と思えます。

なんとなく安心感があるし、取り出すときにもソワソワしません*

お家で使うときは、そのまま置いてもok。

外側の包みの上が大きく開くので取り出しやすく、へたりにくいしっかりとした素材なのもポイント。

ザ・ナプキン感がなくて、旦那さんもあまり気にならなさそうです.....??(男性の意見も聞いてみたい!)

アメニティグッズにも良さそう*

結婚式当日の女性トイレにアメニティグッズを用意する場合、ナプキンはわざわざクラフト紙やトレーシングペーパーなどで包んで準備することも多かったですが、

このエリスのナプキンならそのまま置けそうなのがgood。

ゲスト的にもあったら嬉しいおもてなしだし使わせてもらいたい。その日が生理じゃなくても、花嫁の配慮に親切だな~心配りがすごいなぁと思いそうです。

このナプキンは、ロハコの通販で買えます。

お値段は、20枚入り×3個で1,194 円 (税込)。昼用・夜用もあって、個数も選べるのでぜひ。

➡ここから注文できます***

この記事に関連するキーワード