実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡のトップ画像

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡

2022.03.13公開
きゅん

意外と知らない、百合の種類♡

こんにちは、marry編集長の津崎春乃です。

ユリのお花って、すごく良い香りですよね。

飾っているとお部屋中が良い香りになるし、見た目も存在感があってエレガント。大好きなお花のひとつなのですが....

実は、ゆりにもチューリップや桜などと同じように複数の品種があって、それぞれ特徴があるので、ご紹介♡

①カサブランカ

カサブランカは、百合の中でおそらく最もポピュラーで、お花屋さんでも一番よく見る百合の品種。「ユリの女王」とも呼ばれています。

大きくて立派な印象。

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡にて紹介している画像

バラのように色によって花言葉が異なり、白いカサブランカの花言葉は「高貴」「純粋」です。ピンクは「富と繁栄」。黄色いカサブランカは、「裏切り」。(ユダが着ている服の色が黄色だったということで、キリスト教的には、黄色は裏切りの意味を持つ色です)

京都ブライトンホテルとmarryが発表した披露宴会場のコーディネートプランでも、カサブランカのユリをふんだんに使いました♡

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡にて紹介している画像

②ヤマユリ

花びらの黄色い線と、茶色い斑点が特徴。カサブランカと同じく大輪のユリで、一つのお花がたいだい直径20cmくらい。

「荘厳」「威厳」「純潔」「飾らぬ美」「飾らない愛」「人生の楽しみ」「高貴な品性」など、良い花言葉が付いています。

③ソルボンヌ

ピンクの可愛いユリ。

カサブランカと同じく、日本のヤマユリを元に海外で品種改良されたものです。

お花の真ん中の黄色と、ピンクのグラデーションと花びらの白。花びらはひらひら波打っているのも特徴。透き通る可愛い見た目です。

でも花言葉はあまりよくなくて、「虚栄心」....。花言葉って誰が決めているのかわかりませんが、「涙を拭いて」という意味もあるそうです。

つぼみの状態でも、こんなに可愛い。

④LAユリ

ヤマユリやカサブランカなどよりも小ぶりな、ユリ。

薄ピンクのパーティーダイヤモンドという品種が、可愛くて好きです。

花言葉は、「神秘的な美」。

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡にて紹介している画像

⑤テッポウユリ

テッポウユリという、長めのお花の形のユリも可愛い。

サカブランカのようにばーん!と咲くのではなく、しなやかさのある曲線が魅力。他のお花とミックスしてユリを使いたいけど、メインのお花にはしたくない....という時にも使いやすいかも。

花言葉は、「純潔」「甘美」♡

⑥八重咲きのもある♡

カサブランカやソルボンヌには、花びらが多い、「八重咲き」のユリもあります。

こちらがソルボンヌの八重咲き。

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡にて紹介している画像

こちらがカサブランカの八重咲き。

とっても豪華で、咲きかけだと、形はプロテアのお花のようにも見えますね。

好きなユリをみつけて♡

ユリにも、いろんな色や形やサイズのものがあります。

自分の表現したい世界にぴったりなユリを指定できたり、見つけたりできるのって、知識とセンスを合わせ持っている感じで少し自慢できそう♡

フローリストさんとの齟齬も、なくなりそうです♡

実は、意外と選べるバリエーション♡王道エレガントなお花「ユリ」の種類を調べてみた♡にて紹介している画像

この記事に関連するキーワード