【要注意】ディープキスっぽくなっちゃう!キスショットを撮る時、口は開けないように気をつけて。

2022.05.23公開
きゅん

後悔するキスショット

最近、友達から聞いた話をさせてください。

その友達はこの前、結婚式の前撮りをしたそうなんです。

丸の内前撮りをしたそうで。

本人のリクエストで、キスショットを撮ったそうなんです。

普通の(?)キスショットと、ベールの中に二人で入ってのキスショットだったそうなのですが.....!

本人曰く、「本当に失敗した!恥ずかしい!データを抹消したい!」そうで.....

聞いてみると、

「キスショットの時に口を開けすぎた」そうで。

二人の口が(新郎と新婦の)少しずつ開いていたようで、横から見るとなんだか舌を入れているような、ディープキスをしているように見えて、なんだか気持ち悪くて.....とのこと。

私も写真を見せてもらったのですが、確かに見方によっては、なんだかエロティックというか.....美しくはあるのですが、激しい感じに思うこともできるかも....。という感じでした。

おうちでの普段のラブラブ・いちゃいちゃな感じが出ちゃったの....?と聞いたら、

友達曰く、

「緊張してて口が開いちゃったのかも。こんなのフシダラっぽくて誰にも見せられないし、自分でもみたくないし、カメラマンさんの前で道端でこんな風にしてたのかと思うと恥ずかしいし、結婚式でも使えないし、ほんと最悪...!」

「しかも、自分は閉じてる写真でも、旦那の口は開いてたりするの!気持ち悪いよーー!」

とのこと。

カメラマンさん的にも、「舌入れないでください!」「口開けないでください〜!」なんて言いにくいだろうし、難しいですよね....!

そうやって撮りたいカップルもいるかもしれないし....!

(もし自分だったら、「口を閉じたバージョンも撮ってみましょう〜!」くらいなら、頑張ったら言えるかもしれないけど、その場になってみないとわからないです...)

ディープキスっぽくならないように...

これからキスショットを撮ってもらう!という花嫁さん。

そういう写真が撮りたい!という場合以外は、口は自然に閉じることを意識して。

⬇️こんな感じで手を添えたりするか、「もし開いてたら教えてください!」とカメラマンさんにお願いするといいかもしれないです。

この記事に関連するキーワード