新発見!晩餐会スタイル(流しテーブル)だからこそ撮れる構図のウェディングフォト特集

2022.05.01公開
きゅん

流しテーブルって憧れる♡

晩餐会スタイルとも言われている、ゲストが横並びで座る長方形の流しテーブル。外国風でおしゃれで、最近ますます選ぶ花嫁さんが増えている会場レイアウト♡

(式場探しの段階で、流しテーブルがひとつの条件だったという花嫁さんも多いかも)

定番の円卓とは違った新鮮さがあって、装花なども、丸テーブルではできない縦長ならではの飾り方ができるのも魅力です♡

たとえば...

小瓶に入れた一輪挿しのお花でも、こうして並べると華やかでボリュームたっぷりに見えますよね♡

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

【本題】流しテーブルだからこそ撮れる写真もある♡

披露宴会場を、流しテーブルを使ってレイアウトするなら。円卓ちらし型にはない、まったく違うバリエーションの当日写真が撮れます♡

(1)

テーブルの端に立って、両サイドに座るゲスト10人と一緒にぱしゃり♡

ナイスアイデアな写真の撮り方♡

(2)

乾杯ショットも、こうしてゲスト全員が入るなんてすごい♡

(3)

ゲスト側から撮る、「逆」乾杯ショットも流しテーブルならでは。

一直線上にゲストも新郎新婦もいるっていうのが良いですよね*

(4)

家族婚・少人数婚だとゲストと同じ流しテーブルに新郎新婦が座るパターンもありますよね。

ふたりの後ろ姿と全体的な光景が、まさに晩餐会っぽくて素敵♡

(5)

入場シーンや中座シーンでは、ゲストが一列に並ぶその間をまっすぐ歩けるのも流しテーブルの魅力ですよね。

この構図でカメラマンさんに撮ってもらうと、ゲストに囲まれてるような写真ができて幸せ♡

(6)

テーブルの先には、上映中のムービー♡

円卓のレイアウトだと、ムービー中の写真ってゲストの顔がピックアップされて残っていたりするけれど...

流しテーブルなら、こうして全員の姿が入ってるし、卓上装花も写っていて素敵。

綺麗な構図の写真です♡

カメラマンさんにお願いしたい*

流しテーブルを使った晩餐会レイアウトの会場。

定番の円卓スタイルとは違った角度で、新鮮なバリエーションの当日写真が残せます♡

「これ良い!」と思う写真があれば、カメラマンさんにお願いして、必ず撮ってもらいましょう♡

この記事に関連するキーワード