結婚式のお花に指名したい♡「恋乙女」という名前のシンビジウムがある♡

2022.05.11公開
きゅん

最近の気分に合ってるお花♡

シンビジウム(シンビジュームと表記することも)って、最近人気のお花な気がします♡

蘭系のお花ってスタイリッシュで大人っぽくって、でも華やかでエレガントだから、最近のトレンドにぴったりなんですよね♡

KIYOKO HATA×marryのブランドで作った色打掛の撮影の時も、髪飾りは生花のシンビジウムにしました♡

絵画のアフターブーケをオーダーいただいたお客様のブーケの中にも、シンビジウムが入っていましたし....

パレスホテルのロビー装花で、「最近で一番好き!♡」と思ったこの時のお花にも、シンビジウムが使われていました♡

ガラスの中に♡

結婚式のお花に指名したい♡「恋乙女」という名前のシンビジウムがある♡にて紹介している画像

種類がいっぱいあるんです*

シンビジウムというのは、チューリップやひまわりやバラのように、いろんな品種が作られています。

だから、色も形も様々!

可愛い名前のシンビジウムを発見♡

知って感動したのは、「恋乙女」という名前のシンビジウムがあるということ!

恋乙女って....

ロマンチックで女の子らしくて、ときめきます。

⬇️こちらが、恋乙女という品種のシンビジウム。

恋乙女は、高知県にある石田蘭園というファームが開発した品種。

2021年にデビューしたばかりの、新しいブランドシンビジウムです。

(石田農園さんが作る蘭は、「和蘭」と呼ばれていて有名!)

恋乙女の特徴は、

✅真っ白ではなくうっすら桃色のグラデーションのような花弁

✅濃いピンク色のリップ(お花の中の色が付いている部分)

✅お花の形がスマートでコンパクト

だということ。

お花の形が細めなので動きがあって、コロンとした形のものと比べると、よりスタイリッシュな印象。

アレンジメントに使っても素敵です。

「恋乙女」という名前にビビッときた方。

ぜひ、装花やブーケ・髪飾りの花材に指名してみてください♩

この記事に関連するキーワード