みんな正面を向いてるけど!礼節を重んじるなら【お互いに正座】ショットも残したい♡

2022.05.12公開
きゅん
First view special

【和装前撮り】正座ショットは定番

和装前撮りの定番ポーズといえば、正座ショット。

ふたりで正面を向いて並んで座って、ぱしゃり。

プロフィールムービーの「本日はお越しいただきありがとうございます」などのタイミングでよく見る王道のウェディングフォトです。

みんな正面を向いてるけど!礼節を重んじるなら【お互いに正座】ショットも残したい♡にて紹介している画像
@na_w_0429

お互いに正座して、よろしくお願いいたします♡

でも。

よく考えたら正座って、相対する人に向かって行う(座礼する)もの。

ウェディングフォトの場合は新郎新婦ふたりとも同じ方向(カメラマン)を向いて正座して撮影するのがスタンダードで定番になっていますが、あれはきっと、写真を見てくださる方(ゲストなど)に向けて、姿勢を正しているのですよね。

でも、そもそも撮影における主役は新郎新婦。これからの長い人生を誓いあうのは自分たちです。

なので、新郎は新婦を、新婦は新郎を。

お互いに真っすぐ体を向けて、正座して、よろしくお願いします♡と座礼した写真を撮るのも和ならではの作法や礼儀を感じて素敵だと思いませんか?

(柔道や剣道などの武道を習っていた人にとっては、この形がきっと一番自然に感じるかも)

①背筋を伸ばしてお互いを見つめ合うパターン

②頭を下げて礼をするパターン

の二通りの写真が撮れます♡

由緒正しい雰囲気で、なんとなく「昔のお見合い感」があるのも新鮮♡

少し暗いタッチで撮影してもらうのも良いですね。

「礼に始まり礼に終わる」とも言うし!

作法を守り・相手への敬意を示す行為は、古くからある日本の武道精神において何よりも重んじられるべきこと。

正座して、改まってお互いによろしくお願いします♡と挨拶するのって、ちょっと照れくさいけれど....

和装前撮りするならぜひ撮ってみてもらいたいウェディングフォトです♡

➡サイト内「和装前撮り」の記事一覧はこちらから

この記事に関連するキーワード