フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?のトップ画像

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?

2022.07.01公開
きゅん
Original product

アーティフィシャルフラワー全盛期....?

インスタグラムを筆頭に、SNSでの情報収集と発信がメインだからでしょうか。

最近は昔より、造花(アーティフィシャルフラワー)を目にすることが多くなってきている気がします。

造花って、今までは企業がイベントなど(長期間・野外で...など)で使うのがメインだったようなのですが、

✅写真に残すだけだから、別に変でなければ生のお花じゃなくてもいい

✅写真にいつも残せるように、枯れない造花の方が良い

✅生花にこだわりがないから、造花でもいい

のような感覚で、結婚式で花嫁さんからも造花が選ばれることも増えてきています。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

使うなら、造花だとわかりにくいものがいい!

造花は枯れないからレンタルができるから生花よりも安く借りられる...とか、事前に完成形が見られるとか、造花は季節が関係ないから、冬のお花と夏のお花を同時に使えるし、丈夫なので扱いに気をつけなくても良い(長時間の撮影でも何も問題なく耐えられる)

....など、造花ならではのメリットも多いのですが、やっぱり「フェイク」なので、個人的には本物のお花(生花)を使えるなら生花がいいな...と思ったり、

造花を使うなら然るべき理由がある時だけがいいな...と思ったりします。

というのも、造花って、結構「あ、これ造花だな」って分かるものだから.....!

布のほつれとか、花びらのしわとか折れや、質感なんかから、「やっぱり本物と違う」っていう雰囲気が醸し出されると、なんとなく安っぽく見えちゃいます。

それってすごくショックじゃないですか....?!

(ちなみに「造花の方が安いから、節約のために」という意見もよく聞きますが、実際は造花って意外と高い気もするし、生花の方が安いこともある気がします...!それはお花屋さん・造花やさんでの販売価格のことですが...!)

なので造花を使うとしても、なるべく造花っぽくないお花を選びたい....と個人的には思います。

造花も生のお花も沢山見てきた中で、私が「これは造花ってすぐ分かる「これは造花でもあまり分かりにくい」というのがお花によって大きく分かれるような気がするので、まとめてみますね。

まずは、造花ってすぐ分かることが多いお花からご紹介!

こんな特徴や花材に気をつけてアーティフィシャルフラワー選びをするとフェイクっぽく見えにくいかも。

↓↓↓↓↓↓

①バラ

バラって、やっぱりお花の王様なので。

本物のバラには、風格や品格や豪華さなどが漂っているんです。花自体の膨らみ方や咲き方や、花びらの形やめくれ方など。

そういう雰囲気を造花で作るのって結構難しいことなんだと思います。

更にみんなが「本物を見たことがあるお花」だからこそ、花びらのカットの感じとか、加工の跡とかが気になりやすい傾向があると思います。

(実際に私はすごく気になります)

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

②かすみ草

本物のかすみ草っぽい造花って、全然ない気がします。

カスミソウの白いお花の部分ひとつひとつは、シリコンで作られる場合が多いのですが、どうしてもゴムっぽくなってしまって、リアルにはみえなくって。食品サンプルみたいなかすみ草が多い気がします。

だから、アーティフィシャルフラワーのブーケ屋さんなんかのブーケの作品事例を見ていても、かすみ草のブーケって見ない気がします。

逆に言うと、かすみ草のブーケは見る人が見たら「絶対に生花だ」と思われる..ということなのかもしれません。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

③紫陽花

紫陽花の花言葉は「家族」「団らん」なとというように、小さな花びらがたくさん集まっているからだと思うのですが...

小さい花がいっぱい=花びらの端の量が多い..ということで、造花としては処理が難しいお花の種類なのでしょうか。

ホツレが気になるんですよね...!

同じ方、いらっしゃいませんか?大体紫陽花の造花って布で作られていると思うのですが、本物の紫陽花って布っぽい質感でもなくて。どちらかとサラサラしていて、シリコンのような感じだと思いませんか?

その点も、フェイクっぽさが見えちゃって良くない気がするお花です。

私も最近造花やさんに行ったのですが、上質で可愛いと思うような紫陽花の造花って、本当に高いんです.....!ひと枝で4000円くらいとか....。

高いのってなかなか使えないので、安いもののほうがよく使われていてよく見るから、紫陽花の造花イコール造花っぽい感じ....というイメージがあるのかも。

生花の紫陽花は水落ちしやすい(しなりやすい)という弱点がありますが、価格はおそらく4000円と比べると半額〜4分の1くらいだと思います。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

④ポピー

最近ポピーの造花が人気なので、見すぎて「あ、これ造花...!」と分かるようになりました。

本物のお花は自然のものなので1本1本唯一無二の形をしていますが、造花は画一的なので、どうしてもコピーっぽい感じが出る気がします。例えばこの写真のお花。茎の部分が全部同じようにくるくるしているので、不自然な気がします。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

そしてこの人気の商品の特徴として、花びら1枚1枚が、プロペラみたいにくるくる回るんです。

それで、全部が同じ場所に重なっちゃったりして。

本物のお花だとこういうことは起こり得ないので、「あれ...?」と思うし、手抜き感も出てしまって悲しい。

でもすべての瞬間で花びらの重なり方に気を配るのも難しいので、可愛いけど難しい造花な気がしています。

(解決策としては、グルーガン等で留めればいいのかもしれません。)

⑤ラックス

ラナンキュラスのラックス。可愛いお花ですよね。

これも造花の中でも人気の商品なので、造花のアレ使ってるんだ〜とすぐに思うようになりました。フランフランのお皿や100均のお皿を使っているのを、バレたくない時にバレちゃったときのような感じ...伝わりますか...?

だから、造花を選ぶときは知識やセンスが結構重要になります。

(もちろん、見る人みんなが造花や生花の違いを気にしているわけでも、詳しいわけでもないかもしれませんが。)

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

あとは...

✅ミモザ

✅オンシジューム

✅ユリ

✅ブルースター

なども造花っぽく見えるきがします。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

逆に、造花と気づきにくいお花は?

ここからは、造花と生花でそんなに差がなく見える種類のお花を考えてみました。

造花をもし使うなら、これらを使うといいかも。

↓↓↓↓↓↓

①胡蝶蘭・シンビジウム

胡蝶蘭やシンビジウムは、もともとのお花の質感がシリコンっぽい感じなので、造花も一見すると生花っぽいものが多い気がします。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

②アンスリウム

アンスリウムも、つるつるしたビニールみたいな質感が特徴なので、生花と造花との違いの差を埋めやすい花材な気がします。

だからでしょうか、アーティフィシャルフラワーのブーケって、よくアンスリウムが使われている気がします。

アンスリウムのお花に見えるツルツルした部分は、実はとっても傷が付きやすくて傷みやすい花材なので、造花にするのもいいのかも。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像
@tnc_wedding

③カラー

カラーも、本物がなんとなくシリコンっぽい質感の素材なので、造花でもそんなに違和感がない素材だと思います。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像

造花を選ぶ時の視点として*

ここまで記事を読んでいただいてありがとうございます!

同じ意見・異なる意見などありましたでしょうか??

アーティフィシャルフラワーのブーケや飾りを選ぶ時に、「あぁこういうふうにも捉えられるんだな〜!」という参考になればいいなと思います。

フェイクっぽく見えないように慎重に選びたい。造花感のある造花と、そうじゃない造花の差は?にて紹介している画像
@haruno45

この記事に関連するキーワード