連なるハートの形がユニークで今っぽい♩タイツリソウ(別名ディセントラ)というお花が可愛い♡

2022.07.14公開
きゅん

可愛いお花を発見*

タイツリソウ(別名ディセントラ・ケマンソウ)というお花を、知っていますか...?

私は最近知ったのですが...

「本当に自然界でできたものなの?」と思ってしまうくらい、すごくユニークな形をしていたのでびっくりしました。

こちらです。

弓状にしなった花茎に、ハートの形のお花が10~15個ほど均等につり下がって、咲いています。

この形、独特で、すごくないですか...?

タイツリソウという名前は、漢字で書くと鯛釣草。

たしかに、釣り竿にお魚のタイがぶら下がっているようにも見えるかも...。

(川越氷川神社の鯛みくじを思い出しちゃいました*)

英名は「Bleeding heart」です。意味は血を流す心。

心臓のイメージでしょうか...

ピンクが定番ですが、観賞用として白のハートの栽培も盛ん。可愛いです♡

開花時期や花言葉について

タイツリソウの開花時期は、4月~5月。草花タイプで、日陰の庭など、木漏れ日が射す場所が咲くのに最適な場所。

切り花より鉢植えやポット苗でも販売されることが多いよう。

花言葉は、「あなたに従う」、「恋心」、「流れにまかせて」、「失恋」。

形のイメージ通り、恋愛系なんですね。

4月12日の誕生花でもあります。

意外と他のお花と馴染む♡

花言葉が少しネガティブだからか、結婚式の花材として使われているのは、あまり見たことない気がしますが...

(市場に出回るのが春~初夏で短いという理由もあり?)

でも、ゆらゆら揺れてエアリー感もあるタイツリソウは、他のお花とも馴染んで、ブーケや装花に入れるとすっごく良い感じ♡

たとえば。

胡蝶蘭やアンスリウム、ライラック、シンビジウムのお花と一緒に、タイツリソウを使ったブーケ。

控え目だけど、ぴょんっとしなやかに伸びてるのが可愛くておしゃれです♡

ふんわり韓国風で今っぽさも♡

装花として、ピンクやラベンダーのお花と混ぜるのも相性ぴったりだと思いませんか...?

一個ずつのお花はそんなに大きくないので、目立ちすぎるわけでもなくて、ポップさと可憐さが混ざった感じ♡

白のタイツリソウ。

アネモネやコバンユリの上で、くねっとカーブする茎の曲線が素敵。

チューリップとも合いますね♡

可愛いけど、山野草なので、ナチュラルでちょっとカントリーさも感じます。

見てみたいお花♡

自然でできたものとは思えないくらい、綺麗すぎるハートの形のタイツリソウ(別名ディセントラ・ケマンソウ)。

もし、結婚式の装花やブーケの花材として入れられたら、きっと素敵なコーディネートができそう。

4月~5月に結婚式・前撮りをする花嫁さんは、フローリストさんに聞いてみて、ぜひ使ってみてください♡

この記事に関連するキーワード