イチゴみたいな形♡まだ完全に咲く前の【蓮の花】がこんなに可愛いなんて知らなかった!

2022.07.17公開
きゅん

蓮の蕾って、見たことある?

蓮の花といえば、咲いたあとのこの状態や葉っぱの姿が有名ですが...

お花屋さんで見つけた「蓮(はす)のまだ完全に開き切る前の蕾」が可愛かったので、紹介させてください♡

こちら。

イチゴみたいな形♡まだ完全に咲く前の【蓮の花】がこんなに可愛いなんて知らなかった!にて紹介している画像

まだ開花前の蕾の状態なのですが、花びらが閉じているこの姿、可愛くないですか.....??

ころんとしたまんまるの形で、キャンドルみたいな、イチゴみたいな、そんな感じ。

開花時期は初夏からお盆。7月~8月ごろにお花屋さんに並びます。見つけた、いつもお花が安く買える表参道の交差点のお花屋さんでは、1本500だったみたい。

蓮蕾(れんらい)というらしい

蓮蕾(れんらい)という素敵な名称も持っている、蓮の蕾。

ハスは、温帯~熱帯域の湿地の沼に咲く水生植物。つぼみの状態で水中から立ち上がり、20日ほどで花びらが一枚ずつ広がっていき、開花します。

こちらはベトナムでの採花の様子。ここから市場に出回ります。

こんな感じで採られているんですね。ボートを使うので、漁業みたいですごい♡

(これは大輪サイズの蓮でしょうか...蕾の状態でも、すごく大きく見える気がします*)

蓮の蕾のブーケを探してみた*

想像以上に可愛い、蓮の花のつぼみ。

花束やブーケの花材としても使われているみたい♡

結婚式のコーディネートなどで真似してみたいと思った、おしゃれなハスの花の写真をピックアップしてご紹介します。

【💐】

1本だけでも、大きくて目立つ蓮の花。

チューリップみたいですが、チューリップにはあまりない色でシックな感じ♡

【💐】

少し開き始めた蓮の花束。

芍薬みたいでふわふわしていて可愛いです。

【💐】

海外ウェディングでは、花嫁さんのブーケでも使われているお花。

ハスは英語でLotus(ロータス)。

花言葉は「清らかな心」「神聖」なので、結婚式にもぴったりの意味ですね。

【💐】

ハスの形によって、雰囲気もちょっと違います*

少しとんがってるとスタイリッシュな感じで、

こんな風に丸いと、柔らかいイメージ。

【💐】

薔薇と組み合わせて。

【💐】

韓国風クラッチブーケ。

チューリップの代わりに、蓮を使って作ってもらうのも良いかも。

【💐】

小花やドライフラワーっぽいお花、カジュアルなテイストにも合いますね*

【💐】

一本の花束にするのも可愛い♡

バラの代わりに、これでダーズン「ロータス」セレモニーをやるのも素敵かも。

【💐】

一本だけ、違う色味の蓮のお花を混ぜるアレンジもおしゃれ。

【💐】

メインとしてコーディネートした花束。

まだ蕾なので、もらったあとで長く楽しめるのも、嬉しいですよね。

【💐】

蓮の花は、装花にしてテーブルに飾るのもおしゃれでおすすめ。

他のいろんなお花と混ぜたり...

【💐】

蓮とグリーンだけで決めるのも良い。

結婚式の高砂やゲストテーブルの卓上装花でも、時期が合えば使いたい♡

蓮の花・蕾が可愛かった♡

キャンドルみたいな、いちごみたいな。

チューリップみたいな、芍薬みたいな。

いろんな姿に見えて可愛い、まだ完全に咲く前の蓮の花。

こんなに可愛いなんて知らなかったので、これからは、ブーケや花束などで使ってみたいな!と思いました♡

この記事に関連するキーワード